次世代「IPv6」本格スタート フレッツ光ではサイト接続「1秒遅れ」も

印刷

   「IPv6」と呼ばれるインターネットの次世代通信方式への対応が2012年6月6日、世界中の通信事業者で始まった。現行の「IPv4」の枯渇問題に対応するためだ。だが、一部のプロバイダーでは、IPv6対応サイトへの接続が1秒程度遅れる場合もある。今後、本格的な対応を迫られそうだ。

   インターネットに接続するPCなどの端末には「IPアドレス」と呼ばれる住所が割り当てられ、現行の「IPv4」と呼ばれるIPアドレスは約43億個割り当てることができるが、モバイル端末の普及が進んだため、IPv4アドレスの枯渇問題が指摘されてきた。仮にIPアドレスが枯渇してしまった場合、究極的には、インターネットに接続できる端末を増やすことができなくなってしまう。

IPv6は「約340兆の1兆倍のさらに1兆倍」割り当て可能

   これに対応するために考案されたのが「IPv6」という形式のIPアドレスで、約340兆の1兆倍のさらに1兆倍割り当てることが可能だ。ほぼ無尽蔵だと言ってもいい。IPv4とIPv6には互換性がないため、設定変更が必要になる。

   世界中の通信事業者やネット関連企業がいっせいにIPv6を有効にする作業を行うのが、6月6日の「ワールドIPv6ローンチ」だ。呼びかけ企業には、グーグル、ヤフー、マイクロソフト、シスコ、フェースブック、日本からはKDDIといったインターネットを代表する企業が名前を連ねている。

   当面はIPv4と併用されるため、利用者がインターネットに接続できなくなることはない。だが、影響があるのが、NTT東西の光回線サービス「フレッツ光」の利用者だ。IPv6に対応したウェブサイトに接続した時に、1~3秒表示が遅くなる場合があるのだ。これは、フレッツ光の通信網が、直接インターネットにつながらない「閉域網」と呼ばれる仕組みだからだ。実は、この閉域網の利用者には早くからIPv6アドレスが割り当てられている。だが、このIPv6アドレスは、あくまでも閉域網専用で、インターネットにはつながらない。さらに、閉域網に接続された端末は、自分のIPv6アドレスが閉域網専用なのかインターネットにつながっているのか判断できない。このため、閉域網の端末はIPv6でインターネットに接続しようとするが失敗し、IPv4で接続し直す、という手順をたどることになる。

オンラインゲームや株取引の面で影響が出る可能性

   この一連の現象は「フォールバック」と呼ばれ、ネットワーク企業のBBIXなどが行った実験では、0.01秒から1.03秒かかることがわかっている。ブラウザなどの環境で、かなりばらつきがあるようだ。今後、IPv6対応サイトが増えるにつれて、オンラインゲームや株取引の面で影響が出る可能性もある。

   社団法人インターネットプロバイダー協会によると、ブラウザなどのソフトウェアをアップデートすると、遅延が解消したり少なくなったりするという。だが、根本的な解決のためには、閉域網の利用者に、インターネットに接続できるIPv6アドレスを配布し直すことが必要だ。

   なお、システム面でのIPv6への対応は完了しているものの、「影響を受けるお客様に負担をかけない回避策が現在ない」(ヤフー)として、今回の「ワールドIPv6ローンチ」への参加を見送る日本企業もある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中