三重大学助教が教え子カップルに嫉妬 刃物で2人の車パンクさせ逮捕

印刷

   三重大学の男性助教(32)が、思いを寄せている女子大学院生(26)と男子大学院生(24)が親しくしているのに嫉妬し、2人の乗用車のタイヤを鋭利な刃物でパンクさせ、器物損壊の疑いで逮捕された。

   この助教と女子大学院生は同じ研究科で、助教は指導する立場にあった。助教は「嫉妬心からやってしまった」と供述しているという。

「事実ならば厳正に対処したい」と三重大学

   三重県警津署と報道によれば、犯行があったのは2011年11月24日から26日にかけて。女子大学院生の車は大学構内で、男子大学院生の車は津市のアパート駐車場で、後輪を鋭利な刃物でパンクさせられた。津署によれば、12年5月下旬に被害届が出され、助教を6月6日に逮捕した。被害にあった2人は12年3月で卒業している。

「助教の余罪については捜査中だが、パンク魔みたいなことをしていた可能性は少ない」

と話している。

   助教は三重大学大学院医学系研究科に勤務。三重大学は、

「現在は警察の捜査の推移を見守っている段階で、事実ならば厳正に対処したい」

と説明した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中