国政進出「積極的に考える必要はない」 橋下発言どこまで「本気」なのか

印刷

   2012年6月19日で就任半年を迎える大阪市の橋下徹市長が、自らが率いる「大阪維新の会」の国政進出に否定的な発言を連発している。波紋を広げている。世論調査では、次期衆院選では投票先として維新の会を挙げる人も多く、「台風の目」となるのは確実だと見られているだけに、橋下市長の真意に注目が集まりそうだ。

   維新の会は、すでに次期衆院選への候補者擁立を視野に入れた「維新政治塾」を開講しており、すでに約2000人が受講している。また。6月中には、政権公約となる「維新八政」の大綱をまとめる予定だ。

   5月26日には1期目の最終講義が行われ、面接で出馬を希望する小選挙区や準備可能な選挙資金の額を調査するなど、着々と国政進出への準備を進めていた。

「国政選挙には、僕は出ない。僕は国会議員には向かない」


   ところが、6月8日の橋下市長の定例会見で、これが一変した。民主党は6月5日、政策調査会の役員会で「大阪都構想」を実現するために法案を決定している。前原誠司政調会長は同日、「今国会で成立を目指す」と、前向きだ。大阪市の会見でも、このことを念頭に、

「今国会で(法案が)成立したら、維新の会の国政進出は、なしですか」

と質問が飛んだ。これに対して橋下市長は、

「僕は、そんなに(国政進出を)積極的に考える必要はないんじゃないかと思う。元々、それ(都構想の実現)を目標に掲げてやってきたところなので。それが成立してるのに、(国政進出は)『じゃあ、何のため?』っていう理由とか説明が必要になる」

と都構想関連法案が成立すれば国政に進出する必要がないとの見方を示した。

   また、今後の国政選挙に話題が及ぶと、

「国政選挙には、僕は出ない。僕は国会議員には向かない。大阪市長とか大阪府知事とか、直接有権者から選ばれる、そういうポジションだから、今こういう仕事が出来ている。英国のような議院内閣制では、僕はとてもじゃないけど、仕事ができる人物じゃない」

と、自身の出馬を完全否定した。

   橋下市長は、6月10日にも、記者団に対して

「あくまでも(都構想)法案成立が第一の目標」

と、同様の発言を繰り返した。

「まだ、維新の会では、きちっと諮っていませんから」

   ただし、橋下市長は、08年の大阪府知事選への出馬が報じられた際、当初は「20000%あり得ない」と全面否定していたという「前科」がある。

   今回も、橋下市長は発言に含みを持たせている。具体的には、6月8日の会見では、

「まだ、維新の会では、きちっと諮っていませんから。今やっている政治塾は、継続してやっていく」

と、個人的な見解であることを強調している。また、国政進出がなくなれば、政治塾の意義がなくなってしまう。この点について質されると、

「政治家を目指す人がいるのであれば、一緒に勉強して、さまざまな道に進んでもらえれば。それはそれで、プラスですからね」

と、あいまいな答えに終始した。

   維新の会の国政進出に対する世論の期待は高い。毎日新聞と毎日放送(MBS)が6月2日から3日にかけて行った世論調査では、次期衆院選の比例代表の投票先を府民にたずねたところ、37%が維新の会と回答。民主党(7%)や自民党(10%)を圧倒的に引き離して首位の座を獲得している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中