「7人に1人」が「就活うつ」状態 金、時間、労力が「心」を圧迫

印刷

   「就活生ですが、自殺することにしました」――。インターネットに、またこんな自殺願望が書き込まれた。そこまではいかなくても、「就活生」の心が不安定になっているのは確かなようだ。

   2012年6月8日に政府が発表した「自殺対策白書 2012年版」によると、2011年の学生・生徒の自殺者数は1029人で、初めて1000人を超えた。

   自殺者数が急増した1998年を起点とした推移をみても、最近は20歳代の自殺率が高まっており、若年層の雇用情勢が悪化していることが影響していると指摘。何十社と企業を訪問して面接を受けても内定がもらえないことで「就活生」がうつ状態になってくる「就活うつ」になりやすい可能性もある。

就活繰り返しているうちに「うつ」状態に?

7人に1人が「就活うつ」かもしれない(写真は、イメージ)
7人に1人が「就活うつ」かもしれない(写真は、イメージ)

   ネットに書き込みをした就活生は、自らを「都内にある、そこそこのレベルの私大の4年生」という。「将来の就職を見据えて就職率のいい大学に入り、サークル活動やアルバイトやボランティア活動でネタ作りをして、30人以上にOB訪問を行い、長期のインターンシップに参加し、模擬面接を繰り返しました」と記している。

   ところが、就活を続くけているうちに睡眠不足や虚脱感に襲われ、心療内科で薬を処方してもらうようになってしまう。医者からは就活を止められ休養するようにいわれるが、「それでも就活はやめられない」と悩む。

   奨学金をもらいながら大学に通っていたことや、家庭環境から自分が働いて家族を支えていきたいという思いが強いようだ。それらがプレッシャーとしてあったのかもしれない。

「就職できないことが問題なのではありません。みんなが乗り越えている『就職活動』ごときで、こんなに病んでしまうことが問題なのです。私は、社会にでてもうまくやっていけないと思います」

   そう綴られている。

   こんな不安に駆られた就活生はいま、少なくない。雇用・労働問題に取り組むNPO法人のPOSSEは、アンケート調査「2011年 若者の仕事とうつ」でこんな中間報告をまとめている。

   激しさを増す就職競争の負担や不安が学生の内面にどのような影響を与えるのかを、就活を一通り経験した大学4年生・大学院2年生とそれ以外の学年を比較することで把握しようと、634人を意識調査した。

   その結果、就活が、学生生活を金銭、時間、労力のあらゆる面から圧迫している様子や過酷な就活を経験することによって希望する労働条件の水準を引き下げざるを得ない様子が浮かび上がった。

   さらに、驚くべきことに就活生にメンタルヘルスの影響を調べたところ98人のうち、14.4%、じつに7人に1人が「就活うつ」状態に陥っていることがわかったのだ。

「自分がやりたいことがわからなくなる」

   NPO法人のPOSSEによると、就活生が抱えている不安の大きな原因の一つには、「採用」や「不採用」の理由がわからないまま、次ぎ次ぎに企業を回り、それでも就職先が見つからないことへの焦りと、「就職が決まっても内定が取り消されるのではないか」といった不安にかられることにあるようだ。

   勢い、「自分はこれからどうなるのだろうか。留年するのか、非正規雇用で職を転々とするのか、といった不安」も出てくる。「内定をもらうことに一生懸命になってしまい、自分のやりたいことがわからなくなってしまった」という学生もいる。

   POSSEではこのほかにも、学生にかかる負担として、就活にかかる交通費の捻出や授業日数の調整など、心労は小さくない、とみている。

   一方、リクルートの調査によると、2013年春卒業予定で就職を希望する大学生の5月1日時点の内定率は30.9%という。4月からは、17.4%増えた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中