異変の「ワンダーランド」 初めて見る「変なムシ」【福島・いわき発】

印刷

   日曜日(6月10日)、夏井川渓谷の無量庵へ出かけた。庭の畑を見る。家の周りを見る。と、行くたびに”異変”を知る。ワンダーランドだ。


news_p135825_1.JPG

   カミサンが、台所の上の屋根の雨樋にたまった「コケ」を取るように、という。見れば「コケ」ではない、カエデの実生だ。物置から三脚を持ち出し、移植ベラで雨樋を埋めていた枯れ落ち葉と泥をすくってごみ袋に入れる。終わって三脚を片づけようとしたら、「変なムシ」がブラブラしていた(=写真)。


   無量庵は、義父が隠居用に建てた。が、義父母とも隠居せずに亡くなった。生前、「管理人」を引き受けた。それから17年がたつ。最初の年(1995年)の1月17日に阪神・淡路大震災が起きた。3月20日には地下鉄サリン事件が発生した。5月末、「管理人」になった。そして昨年の東日本大震災、いや原発震災だ。あまねく放射性物質が降り注いだ。


   今は6月中旬。無量庵へ出かけるのには理由がある。採種するための、三春ネギのネギ坊主が熟して、黒い種をのぞかせていないか。定植したネギ苗が倒れていないか。まだ黒い種子が見えず、苗も「胴縄」を張ったおかげで倒れていないとわかれば、あとはやることがない。言われた通りに、雨樋の枯れ落ち葉を取った。


   帰宅して、気がかりな「変なムシ」をネットで調べた。脚は8本。クモの一種と見当をつけて検索したら、オナガグモとわかった。夏井川江渓谷に通い続けて初めて見るクモの仲間だ。クモを食うクモだとか。


   気がかりが、もう一つ。ごみ袋にためた雨樋の枯れ落ち葉と泥の放射線量だ。無量庵の雨樋吐きだし口は、壊れたものも含めて5カ所ほど。線量は毎時1マイクロシーベルト前後。ごみ袋に集めたものはどのくらいになるか。次に行ったとき測って、高い数値が出れば土を掘って埋めるしかない。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中