めちゃイケ「酒豪決定戦」に謝罪要求 「飲酒を強要、挑発」していたのか

印刷

   「まさにアルコール・ハラスメントだ」―バラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!」の企画に、こんな抗議が寄せられた。

   メンバー同士酒を飲んで腹を割って話そう、という内容だったが、抗議されて当然のものだったのだろうか。

酒弱いメンバーに「ウソやろ?」「恥ずかしい~」

   問題となっているのは2012年6月9日放送のフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ」の企画「めちゃイケ酒豪No.1は誰だ!決定戦」だ。

   10年10月から参加した新メンバーとオリジナルメンバーとの間にまだ溝があり、「みんなで飲まないと仲良くなれない」という設定で、フジテレビ内に「居酒屋はまゆう」というセットをオープンさせ、初めての合同飲み会を行おうという企画だった。

   18時30分から朝まで延々と飲み続け、最後まで起きていられた人が酒豪No.1の称号を得る。ルールは自分のペースで好きなものを飲む、眠くなったら「おやすみなさい」と宣言して隣室で寝る、朝4時に解散するというものだ。

   酒に強いメンバーは序盤から飲むペースが早く、おかわりするたびに全員が「ウオー!」という歓声とともに拍手を送った。また、酒に弱いメンバーが早々に酔っ払った様子を見せると「ウソやろー?」「それだけしか飲んでないんでしょ?」「恥ずかしい~」などとからかった。酒の強さは人それぞれだったが、全員でテキーラを一気飲みするなど、空気を読んで飲まなければならないような場面も見受けられた。

   最終的にはオリジナルメンバーのナインティナイン・矢部浩之さんと、新メンバーのジャルジャル・福徳秀介さんが最後まで寝ずに飲み続け、酒豪No.1の座に輝いた。隣室で寝ていたナインティナインの岡村隆史さんが全裸になったり、オアシズの大久保佳代子さんが寝ぼけた状態で話しているのを笑ったりと、酔っ払いたちが面白おかしく描かれていた。

「死亡事故が続出している若者の飲酒コンパと類似」

   この企画に対し12年6月18日、「急性アルコール中毒を招きかねない極めて危険なアルコールの飲み方を肯定し助長する内容」だったとする抗議文が、飲酒事故の遺族らで構成される「イッキ飲み防止連絡協議会」など3団体からフジテレビに寄せられた。

   抗議文には番組の問題点として、酒豪を競うという大量飲酒をあおる設定、長時間の飲酒、飲酒を強要・挑発する発言などをあげ、「死亡事故が続出している若者の飲酒コンパと類似するものであり、まさにアルコール・ハラスメントそのもの」と指摘。番組内での謝罪と再発防止への取り組み、その結果の公表を求めている。

   抗議の背景には、頻発する大学生の飲酒死亡事故がある。3月に立教大学のテニスサークルの合宿で1年生が吐しゃ物をのどに詰まらせ死亡、5月には小樽商科大学でアメフト部の飲み会に参加した9人が救急搬送され1人が死亡するなど、未成年も含めた死亡事故が後をたたない。大量の飲酒による急性アルコール中毒だけでなく、酔いつぶれた人を別室に寝かせておく状況で吐しゃ物を吸引してしまい死亡する例も多い。「イッキ飲み防止連絡協議会」も、大学生の息子を飲酒事故で亡くした人が設立したものだ。

   抗議文には「テレビの映像が視聴者に植えつけるイメージは強烈です。このような危険な飲み会を肯定し、大量飲酒・アルハラを助長する『めちゃイケ酒豪No.1は誰だ!決定戦』に対して、遺族たちが強い怒りと憤りを覚えていることを申し添えます」と書かれている。さらに「貴局において納得できるお返事がいただけない場合は、BPO(放送倫理・番組向上機構)に申し立てる所存です」と強い口調だ。

   フジテレビ広報部は、「内容を精査してから対応する」とし、番組内での謝罪の有無などについてはまだ決めていないということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中