昨秋の除染作業で一時は下がった放射線量、いまどうなっている?【福島・いわき発】

印刷
news_p136485_1.JPG

   4月末、区内会の総会で要望があった。「区内(=写真)の線量を定期的に測って、伝えてほしい」。保健委員の私が線量測定の担当になった。4月から月に一度、定点観測をしている。いうまでもなく地域の子どもたちのためだ。


   始まりは昨年秋の「生活空間環境改善事業」だ。市を窓口に福島県の補助金50万円を使って、区の役員や保護者が通学路などの除染作業をした。一時は線量が下がった。今は? 少なくとも私が住む地域では、劇的な変化はない。


   が、1カ所だけ要注意個所がある。県営住宅の集会所、雨樋吐きだし口の線量が元に戻った。屋根と、並行している雨樋の枯れ落ち葉や土が元凶だろう。


   前月、吐きだし口から少し離れた土を測ったら、高い数値が出た。区内会の役員が出て、試験的に土を入れ替えた。すると、今度の測定では、そこの部分に関しては何度も測り直すほど線量が低くなっていた。手つかずの北側の雨樋下は前回と変わらず、1マイクロシーベルトを超えていた。


   早朝の散歩を兼ねての線量測定だ。名前は分からないが、会えばあいさつを交わす"散歩仲間"がいる。前回も、今回も私を見て近づいてきた。「どうですか」「0.2台ですね」「このへんはだいたいそうだよね」。公園や公共施設などにリアルタイム線量計が設置されている。それらを目にしているからこその会話だ。


   あるところでは、おばさんが「何してんの?」。「線量を測ってます」「あら、ごくろうさん」。住民は放射能のことを忘れて暮らしている、なんて思い違いをしてはいけない。いちいち口にしないだけだ。そのことが察せられる会話だった。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中