山本太郎、新婚早々義父と泥沼 妻のブログが「乗っ取られていた」

印刷

   脱原発活動を行っている俳優、山本太郎さんと妻がブログのなりすまし被害に遭っていたことを週刊誌で明かした。妻を装い、ブログを更新していたのは、なんと妻の父親だという。山本夫婦とは現在とても険悪な状態にあり、妻がかつて父親から虐待を受けていたという内容まで話している。

   山本さんは2012年4月に太陽光発電関連の企業に就職。5月下旬に結婚を報告した。相手は18歳年下のプロサーファー、割鞘朱璃さん(19)だった。新婚生活は順風満帆かと思われたが、6月21日発売の「女性セブン」(小学館)でとんでもない告白をしている。

「フィリピン移住」記事も「なりすまし」だった

   「山本太郎と19歳新妻が義父の『虐待』『ブログなりすまし』告発!」という物々しい見出しで、山本さん夫妻が取材を受けている。それによると、朱璃さんのブログが朱璃さんの父親、山本さんの義父に乗っ取られてしまったのだという。

   朱璃さんが中学3年生のころから続けているブログは元々、父親が管理していた。しかし今月になって、父親が無断でパスワードを変更し、本人になりすまして勝手に記事を更新し出した。山本さんは「穏やかに『ちょっとこの人たちおかしいんちゃう?』って思わせる文章がどんどん(ブログに)のってくるんですよね」と語っている。

   6月に入ってから更新され、話題になったのは、朱璃さんが突如フィリピンへの移住計画を語った記事だ。「福島で苦しんでいる人や震災の復興もあるし私達だけが日本を捨てて逃げるなんて。。すごく抵抗があったけどこの先、日本はどうなりかわからないからって」という内容で、ネットでは「結局逃げるのか!何のための反原発だ!」といった批判の声が出ていた。これもなりすましだったという。他にも、新婚旅行の日程が出発の具体的な便名と一緒に公表されたことがあったとしている。

虐待も告白「父が私の頭の上に放尿した」

   父親と娘夫婦は非常に険悪な状態にあり、記事によると元々父親は朱璃さんの母親の再婚相手。小学4年のころから一緒に住むようになって、すぐ朱璃さんを虐待するようになったといい、「精神的にいちばんつらかったのは、玄関で正座をさせられたとき、父が私の頭の上に放尿したことでした」と語っている。週刊誌などでは、割鞘家の資産家ぶりがよく書かれているが、朱璃さんは中学時代約2年間を児童養護施設で過ごしたという。

   「女性セブン」は朱璃さんの両親にも取材していて、2人は虐待があったことを否定。なりすましブログについては、元々朱璃さんのブログは父親が書いていた。結婚にあたって、朱璃さんが「結婚したからサーフィンやめる」とスポンサーに電話したことに父親が怒り、パスワードを変えたという。

   ただ、山本夫婦の話では、朱璃さんはサーフィンを辞めるとは言っていない。現在サーフィンを休んでいるのは歯の噛み合わせの手術をするためで、そのことはスポンサーだけでなく父親も了解していたとしている。

   双方言い分に食い違いがあり、新婚早々大変な感じだが、朱璃さんは現在とても幸せなのだそうで「私は太郎さんと太郎さんのお母さんに出会い、生まれて初めて愛情に包まれた毎日を送れるようになったんです」と話している。

   朱璃さんはその後、しかるべきところに連絡しブログのパスワードを奪還。6月15日付けの記事で「6月2日、何者かに自分のブログのパスワードを不正に盗まれてしまいました。その日から今日まで自分自身でブログを操作することが出来ませんでした」と報告した。「今後も、本人や関係者を装う悪質ななりすましが発生するかも知れません 本人が綴る山本じゅりのブログはこのアメブロだけです」と書いていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中