「プラチナバンド」の割り当て ドコモなど3社

印刷

   総務省は2012年6月27日、携帯電話向けの周波数帯でつながりやすいとされる帯域について、携帯電話会社3社に割り当てることを発表した。

   「プラチナバンド」と呼ばれる700メガヘルツ帯は、NTTドコモとKDDI、イー・アクセスが獲得した。ソフトバンクは2012年3月、同じプラチナバンドの900メガヘルツ帯の割り当てが決まっている。2つの帯域はこれまで、テレビの地上アナログ放送に使われていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中