楽天電子書籍サービス19日スタート 激安7980円端末で殴り込む

印刷

   楽天傘下のカナダの電子書籍販売会社「コボ」は2012年7月2日、国内で電子書籍サービスを7月19日に始めると発表した。電子ブックリーダー「kobo Touch(コボ・タッチ)」を国内市場にも投入し、7980円という異例の低価格で売り出す。

   家電量販店や書店で販売、7月2日夕方には特設サイトで予約の受付も始まった。アマゾンも電子ブックリーダー「キンドル」を近日中に国内販売する予定で、競争が激化しそうだ。

日本語タイトル数150万を目指す

電子ブックリーダー「kobo Touch(コボ・タッチ)」を手にする楽天の三木谷浩史会長兼社長
電子ブックリーダー「kobo Touch(コボ・タッチ)」を手にする楽天の三木谷浩史会長兼社長

   端末は重さ185グラム、厚さ1センチで、最大1000冊分のデータをダウンロードできる。コンテンツのフォーマットには、世界標準だとされる「EPUB3.0」を、ディスプレイにはEインク社の電子ペーパー「パールディスプレイ」をそれぞれ採用した。スマートフォンやタブレット型端末とは異なり、1回充電すると1か月間使えるのが特徴だ。

   コボは、楽天が12年1月に約240億円を投じて買収。すでに190カ国の900万人が利用し、日本語以外の言語を含めて240万冊を提供している。

   楽天の三木谷浩史会長兼社長によると、現時点では3万冊提供されている日本語の書籍数を、将来的には150万冊にまで引き上げたい考えで、

「比較的実現性の高い数字」

と自信を見せた。

三木谷氏「ほぼすべての出版社さんが協力的」

   具体的なラインナップについては、

「有名タイトル以上に、独占先行(配信)のタイトルが出てくる。ここは『乞うご期待』ということで勘弁していただきたい」

と言及を避けたが、

「ほぼすべての出版社さんが協力的。契約手続きやフォーマット変換の問題で、(提供開始が)多少時期がずれる出版社もある」

と、ラインナップの幅が今後大きく広がることを強調した。

   配信する書籍の価格や、価格設定の主導権を楽天の出版社のどちらが握るかについては、

「出版社との守秘義務契約があり、申し上げられない」

と述べたほか、

「出版社や作家と対峙するのではなく、win-winな関係をつくりたい」

と、出版社に配慮するような発言も散見された。

   端末の価格設定については、

「端末自体で大幅な利益をあげることではなく、まずはマーケットを拡大したい」

と説明。近日中にアマゾンが発売を予定している電子書籍リーダー「キンドル」については、

「気にしても仕方ない」

などと述べるにとどまった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中