宮澤佐江が「チーム4に苦言」? AKB48若手メンバーの問題点とは

印刷

   AKB48チームKの宮澤佐江さんが、「チーム4にはステージ上でいいパフォーマンスを見せようという気持ちがない」とインタビューで発言し、「チーム4に苦言した!」としてファンの間で話題になっている。

   チーム4は2011年6月に結成され、現在秋葉原のAKB48劇場で公演を行っている。ステージに立つ回数は少なくないが、何がいけないのだろうか。

「選抜に入るのが夢って言ってるようじゃダメ」

ブブカで熱い気持ちを語った宮澤さん(11年4月撮影)
ブブカで熱い気持ちを語った宮澤さん(11年4月撮影)

   宮澤さんは「ブブカ」2012年8月号(6月30日発売)のインタビューに答えている。その中で、「チーム4の公演も観てみたい」と話した。インタビュアーが「どうしてですか?4の公演は評判が決して芳しくないですけど……」と聞くと、

「すごく気になるんですよ。だから1回観に行こうと思って。4って、ひとりひとりのライバル意識が強いと思うんですよね。研究生上がりの子はライバル意識がメチャメチャ強いだろうから、その気持ちは私たちにはわからない。だったら違うところで頑張ろうっていう気持ちはないのかなって思っちゃう。私たちはそうやってきたから。じゃあ、ステージ上でめっちゃいいパフォーマンスを見せてやろうっていう気持ちにたどり着けてないのが4だと思うので、それに早く気づいてくれればいいんですけどね」

と漏らした。

   また、「真夏のSounds good!」のメディア選抜に入れなかったことを「悔しさもあったけど、他で見せつけてやろうっていう気持ちもありました」「私、『選抜に入りたい』って言うのが好きじゃないんですよ。自分の目標はべつに選抜じゃないから」と語った上で、

「AKBの後輩がよく『選抜に入るのが夢です』って言ってるけど、そんな夢じゃダメだよって正直思うし。(中略)秋元先生も『芸能界はもっと広いし、これはAKBの中だけの話だ。一歩外出た時にもっといろんな試練が待ってるんだ』ってよく言いますから。それはたしかにそうだなと思うし。『AKBに入ってからどうするとか決まってるの?』って思っちゃうので。それをステップにしようと思ってればいいんですけどね」

と、目標がグループ内での成功にとどまってしまっている後輩にも苦言を呈した。

チーム4が成長しないとAKBの未来はない

   インタビューを読んだファンは2ちゃんねるで、「『足の引っ張り合いしてないでまずチームとしてのパフォーマンスに傾注しろ』というふうに読めるんだけど」「要は『一致団結してパフォーマンスを魅せる気概を感じない』ってことだろうな」と宮澤さんの発言を噛み砕いた上で、「叱ってくれる存在もお手本もいないし、叱ろうにも課題を見極められる程の経験と力量がそもそもない だからほんとにいつまでたっても研究生にしか見えん」「半年前の西武ドームではもう明らかにただこなれてきてパフォーマンスの質落ちてた それぞれがただ自分を可愛く見せることしか考えてない感じがありありだった」とチーム4の問題点を指摘している。

   チーム4は11年6月、研究生から昇格したが所属チームが決まっていなかった9期生、10期生で結成された。その後キャプテンの大場美奈さんが、未成年飲酒などをほのめかした過去のブログが流出し謹慎処分となったが、チーム4の劇場公演は10月からスタート。大場さんは謹慎終了後の12年1月からキャプテンに復帰している。3月には研究生5人のチーム4昇格が決まり、16人体制でスタートしたばかりだ。

   「AKB48ヒストリー~研究生公式教本~」を執筆したライターの篠本634(しのもと・むさし)さんにチーム4の問題点について聞いてみると、チーム4の公演はパフォーマンスはもとより、MCが弱く、全体的にグダグダな印象を受けてしまうのだという。それでも前と比べて随分良くなっているとした上で、「先輩がいないことが不幸」という答えが返ってきた。

   チーム4は9期以降のメンバーで構成されているため、問題点を強く指摘してくれる先輩がいない。パフォーマンスやMCの問題点を細かくあげて、こう改善していこう、という指導がないので、「何とかしないと」と思ってもどうしたらいいかわからないという風に篠本さんは感じているという。また、チームA、K、Bの立ち上げ当初と違いチーム4にはテレビや雑誌の仕事も多く、劇場公演に一生懸命になりにくい環境でもある。

   「絶対的センター」前田敦子さんの卒業もあり、AKB48の運営は次世代の構想を練って試行錯誤している。その次世代を担うのが若手チームで、かつては「いいメンバーが集まった」と評価された9期メンバーを中心としたチーム4だ。ここでチーム4が成長して結果を残さないと、AKB48の未来はないだろうと危惧した。

   チームKは2006年にオーディション合格した2期生で結成され、1期生のチームAに追い付け追い越せで頑張ってきた「体育会系チーム」として知られる。宮澤さんは6年間荒波にもまれてきたからこそ、今のチーム4にいらだつ気持ちがあるのかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中