「『日本鬼子』を一人残らず消滅させよう」 中国ゲームメーカーがiPad向け「尖閣諸島ゲーム」

印刷

   沖縄県石垣市の尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権を中国が主張しているが、中国のゲームメーカーが2012年6月21日、タブレット端末「アイパッド」(iPad)向けに「侵略者を殺戮する快感が味わえる」などとするゲームを発表していることがわかった。この「侵略者」は、日本人のことを指しており、波紋が広がりそうだ。

日本政府が「我々の釣魚島を占領しようと企んでいる」

ゲームが配信されているiTunesの画面。ゲームへの評価は分かれている
ゲームが配信されているiTunesの画面。ゲームへの評価は分かれている

   ゲームのタイトルは「保衛釣魚島」(釣魚島を守ろう)。ソフトが配布されている「アイチューンズ」(iTunes)では、ゲームの内容が説明されているが、日本側の立場とは完全に相容れないものだ。説明文ではまず、

「釣魚島は中国の不可分な部分だが、最近日本政府が凶暴さを増しており、我々の釣魚島を占領しようと企んでいる。さらに甚だしいことに、釣魚島(周辺海域)で操業する同胞を逮捕したり、土地を売りに出したりしている」

と日本側を非難した上で、

「中国人として、我々は一致団結し、釣魚島を守ろう。我が国を完全防衛しよう。我々の釣魚島に上陸しようとする、『日本鬼子』を一人残らず消滅させよう」

と、日本人を打倒することをうたっている。なお、「日本鬼子」という単語は、中国語圏では、日本人に対して最大級の侮蔑を示す言葉として認識されている。

   ゲームの内容は、プレーヤーが様々な技を繰り出して、日本兵を撃退するというもの。ステージは71あり、これは中国が独自に尖閣諸島周辺の71の島を命名したことにちなむ。ゲームの説明文では、

「様々な技を繰り出して、釣魚島に上陸しようとする『日本鬼子』を一人残らず消滅させよう!」
「さまざまな種類の『鬼子』が登場するので、侵略者を殺戮する快感を味わえる!」

と、強い言葉が目立つ。実際のプレイ画面でも、レーザー攻撃された日本兵がバラバラに飛び散り、首だけが残る様子も描かれており、日本側の反発は必至だ。

ゲーム自体の評価は賛否両論

   このゲームは無料で提供されており、「深センZQゲーム社」が開発。同社は、過去にもいわゆる南京大虐殺をテーマにしたゲームを開発したこともあり、いわゆる「反日世論」を喚起する思惑があるものとみられる。

   なお、現時点では、ゲームは日本版のアイチューンズからはインストールできない模様だ。

   ゲーム自体の出来は賛否両論で、iTunesレビュー欄では、5点満点のうち、

「中国人なら、一緒に鬼子を殺そう」

とコメントして5点を付けた人もいれば、

「全然面白くない」

として1点をつけた人もいる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中