橋下市長の「隠し子」騒動 「いるなら市長辞める!」と怒る

印刷

   週刊ポストが「隠し子がいる」と取材でかぎ回ったとして、大阪市の橋下徹市長が自身のツイッターで苦言している。

   結局記事にはならなかったようだが、橋下氏は怒り心頭の様子で、「隠し子がいた事実があれば、市長は辞める」ときっぱり言い放っている。

「参ったぜ、週刊ポストさん」

   橋下氏は2012年7月6日、

「参ったぜ、週刊ポストさん。僕の東京での隠し子疑惑のうわさについて僕の周辺に取材を入れたことから、家庭内不和だよ。妻はキリキリだ。週刊ポストが永田町でそのような噂があるが、ということで僕の周辺に事実確認の取材をした。そんな事実はありませんと皆が答えたが週刊ポストは見出しにすると言う」
「うちの長女が通学で中刷り広告を見て、またびっくりしないように、先に長女に話した。そして妻に。そしたらうちのオカンも本気になってすっ飛んでやってきた。週刊ポストさん、僕に隠し子がいる事実が判明したら、僕は市長を辞めます。隠し子なんていませんよ」

とツイートした。

「公人ならしょうがないのかね~」

   また、週刊ポストは「バカ文春、バカ新潮」と違い冷静だと思っていたからこんな噂を載せるのは残念、とした上で、「公人ならしょうがないのかね~大阪でも散々いろんなことを言われているから、うちの子どもも忍耐力がついたよ。でも今回の見出しは妻は我慢ならんみたい」と投稿している。

   その後、結局記事にはならなかったと秘書から報告を受け、「なんだよ、自分でしょうもないことを広めただけになったじゃねえか」とがっかりした様子だった。そして「隠し子がいた事実があれば、市長は辞めますよ」と念を押した。

   週刊ポストは、過去に週刊新潮、週刊文春が橋下氏の出自などを暴露する報道をしたところ「橋下徹『抹殺キャンペーン』の暗黒」と題してバッシング報道を批判するなど「橋下擁護派」で、橋下氏も好意的に接している印象があった。今回の騒動が二者の関係に亀裂を入れるのか、要注目だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中