ある元漁師の死―― NGOスタッフにも心の疲れ【福島・いわき発】

印刷
news_p138540_1.JPG

   被災者のための交流スペース「ぶらっと」に、真っ先にやってきた人が7月1日に亡くなったという。いわき駅前の「ラトブ」に「ぶらっと」がオープンしたのは昨年10月。開所式(=写真)に彼も出席していた。私より1歳年下、62歳だ。津波被害に遭った元漁師。「ぶらっと」は、今はイトーヨーカドー平店2階にある。常連としては唯一の男性だった。


   交流スペースを運営するNGOとかかわっているので、交流スペースのオープン前後から彼と知り合った。やがて情報紙を出すことになり、創刊準備号で利用者第一号の彼の声を伝えた。


   「薄磯にいた頃は、毎日防波堤に行けば仲間がいて、話し相手に事欠かなかったねえ。今は周りに知り合いもいないから、一日どう過ごせばよいかわからないんだ。この交流スペースが出来てスタッフが話し相手になってくれるから、これからも利用するよ。俺のように独りで暮らしている人がいたら、是非ここを利用して欲しいな」


   知りあって10カ月。いわき駅近くの借り上げ住宅(民間アパート)に入っていた。ときどき仲間と応急仮設住宅へ行ってボランティアもやっている、と聞いた。


   なぜ、急に彼岸へ行ってしまったのか。本人が自分の体の急変に気づいて救急車を呼んだ。病院へ運ばれた。でも、だめだったらしい。


   昨晩(7月4日)、NGOのスタッフが来宅し、飲んでいるうちに彼の死を語った。生きるための支援をしているのに救えなかった……。へこんでいた。やがて、豊間の大工から電話が入った。こちらもいろいろとあってへこんでいた。私もへこんだ。


   あれから1年余。被災者にも、地域の被災者を引っ張るリーダーやNGOスタッフにも、心の疲れがみえるようになった。これからだ、それぞれの心が大変なのは、きっと。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中