日本酒と間違って洗剤を提供 飲んだ客軽症

印刷

   新潟市の居酒屋「越後茶屋駅南店」で2012年7月7日、日本酒と間違えて食器用洗剤を提供し、これを飲んだ男性客2人がのどの痛みなどを訴えて病院で治療を受けた。

   報道などによると、居酒屋では食器用洗剤をラベルが付いたままの日本酒の一升瓶に入れて使っており、従業員が間違えて出してしまったという。客2人は軽症だったが、新潟市保健所はこの居酒屋に対し、7月9日から3日間の営業停止処分とした。

   越後茶屋の公式サイトでは、「今後、二度とこのようなことを起こさないよう、徹底した指導・管理を行ってまいります。この度は誠に申し訳ございません、心よりお詫び申し上げます」と謝罪している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中