休眠預金の活用 2014年にも私的懇談会で使途検討

印刷

   外貨準備などの公的マネーの成長分野への活用を検討してきた政府の「成長ファイナンス推進会議」は、2012年7月9日に最終報告をまとめ、10年以上資金の出し入れがない金融機関の休眠預金について、2014年度中に管理・活用に向けた体制を構築するとした。

   古川元久国家戦略相は集めた資金の使途を検討するため、ベンチャー企業など民間を入れた私的懇談会を設置する、とした。

   また、確定拠出年金(日本版401K)の限度額の拡大方針や、教育資金の積み立てに対する支援策なども正式に公表。株式や投資信託の少額投資について運用益を非課税にする「日本版ISA」は14年1月から3年間の時限措置だが、今後は期間延長も検討する。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中