自殺生徒、「40万円」工面の壮絶 いじめアンケ「金銭要求」との関係

印刷

   滋賀県大津市の市立中学校で男子生徒が自殺した問題で、男子生徒は亡くなる数か月前から貯金を崩すなど40万円前後を工面していたことが明らかになった。自殺直後に学校が生徒に行ったアンケートでは、「金銭の要求があった」との伝聞情報が複数寄せられていた。

   東京新聞などが2012年7月15日、報じた。さらに16日のテレビ情報番組では、いじめ問題に取り組む関係者が、自殺生徒の父親から聞いた話として、「40万円」を工面した内訳を明かした。

「ためていた貯金通帳15万円、家のお金を…」

「今回の場合、だんだんと事実がわかってくると10万円単位のお金を引き出したり、用立てたりしてる形跡もあるらしいんですよ」

   7月16日の「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS系)で、司会のみの氏はこう指摘した。すると、ゲストのNPO法人「全国いじめ被害者の会」代表の大澤秀明氏は、大津市で自殺した男子生徒の父親と対面した際に、「金銭用立て」関連の話を聞いたと応じた。大澤氏は、いじめが原因の自殺で過去に息子を亡くしている

   大澤氏は、「問題がなければ…」と断った上で、みの氏から促され、

「当事者がためていた貯金通帳15万円、家のお金を10万円、親類のところから20万円」

と明かした。

   それ以上、金銭に関する詳しい説明やコメントはなかったが、15日の東京新聞報道などによると、男子生徒は、自殺する3か月前から数回にわたり、郵便貯金十数万円を引き出したり、親戚が経営する店のレジから金を取ったりしていた模様だ。親戚の財布や自宅からも金銭を抜き取っていたようだ。

「お金持ってくるよう脅されていた」の伝聞情報も

   もう1人のゲストで、子供のころいじめを受けた経験がある元ボクシング世界王者・内藤大助氏は、今回のいじめ問題について、

「殺人事件だと思っていますよ。勝手に死んだとかいう人がいるけど冗談じゃないですよ」

と厳しい表情で語った。

   学校のアンケート調査では、複数の同級生が「お金を持ってくるように脅されていた」といった伝聞情報を回答していたことがすでに分かっており、今回の「金銭工面」証言と合わせ、実態解明に一層注目が集まりそうだ。

   16日放送の情報番組「とくダネッ!」(フジテレビ系)は、滋賀県警が「恐喝や強要の疑い」も視野に入れて捜査を進めていると報じた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中