「すごい」いじめ対策があった! ポイントは「校長」のリーダーシップ

印刷

   いじめに頭を抱える学校や保護者、もちろん生徒は数多くいる。滋賀県大津市の中2自殺問題は氷山の一角でしかない。そうした中で、教育評論家の森口朗氏が2009年5月20日に書いたブログが、再び注目されている。

   同氏がパネラーとして参加したシンポジウムで取り上げられた長野県のある中学校で実践している「いじめ対策」で、これが「目から鱗が落ちる素晴らしいもの」だというのだ。

先生の弱点は「チーム」では動けないこと

森口氏は、いじめに対して教師は「チーム」で臨むことがポイントとしている(写真は、「森口朗公式ブログ」2009年5月20日付)
森口氏は、いじめに対して教師は「チーム」で臨むことがポイントとしている(写真は、「森口朗公式ブログ」)

   教育評論家の森口氏は09年5月のブログについて、「先生たちのいじめ対策への実践に少しでも役立てばと思って紹介したもの」と話している。「事実、これを参考にしてみますという声を多くの現役の先生から頂いた」ともいう。

   紹介された「いじめ対策」の概要はこうだ。

(1)いじめの認知は、本人、親、友人の誰からの報告であっても「この事態を心配している人から報告があった」こととして統一する。

   これは、いじめ加害者やその親は「誰がそんなこと言った」と言いがちなので、教師側の対応を統一しておく。

(2)必ず教師は一人ではなくチームで対応。複数いる加害者と複数の教師が別々の部屋で、1対1で対応する。

(3)15分後に部屋に加害者を残して教師が集合し、(2)でわかった加害者それぞれの発言の矛盾点や情報について分析する。

(4)(2)(3)を繰り返すことで、加害者に「いじめの事実」を認識させる。

(5)事実を認めた加害者に対し「泣くまで」反省を迫る。教師が、加害者が頑張ってきたことの写真(部活動や体育祭・文化祭ほか)などをみせて、「なのにお前は、今、何をやってるんだ」みたいな感じで迫るとのこと。

(6)いじめの事実を認め、「泣くまで」反省した加害者は、通常、被害者に謝りたくなるのが、すぐに謝らせることをさせず、少なくとも一週間の時間をおいて加害者に謝ることを許す。

   これは、すぐに謝ると加害者が「すっきり」するからという。

(7)保護者を交えて、いじめの事実を報告する。

   森口氏は実際に、長野県の中学生から、この方法で「いじめから救われた」とのコメントをもらったそうだ。

   ポイントは、教師が「チームで対応すること」にある。森口氏は「学校にもよるのですが、チームで対応することは教師が一番苦手とするところ」と指摘する。

   いじめ問題が起こると、多くの場合はいじめのあったクラスの担任に押しつけてしまい、とても「チームワークで解決しよう」という雰囲気にならない。なにより、校長のリーダーシップが問われる場面でもあるのだが、そうならないようだ。

多種多様な「救済方法」があっていい

   大津市の中2自殺をきっかけに09年5月のブログが話題になっていることについて、森口氏自身も2012年7月16日付のブログでこう綴っている。

   「ツイッターなどによって拡散し、ここ数日、さまざまな人が自身のブログで取り上げたり、またコメントに意見を書き込んでくれたり、メールをくれる」と、その広がりに驚いている。

   ただ、この日のブログでは、大津市の中2自殺が「この対策で防げたか否かは不明だ」と、「万能ないじめ対策なんてないと思う」と語っている。

   「いじめ」は、ちょっとしたいざこざから犯罪ともいえる事態まで、幅広く、また「段階」があったりもする。

   教師に相談して解決するのであれば、それでいいし、保護者に話したり、警察に話したりして解決する場合もあるだろう。

   反対に、教師や保護者に相談したのが加害者にバレていじめがエスカレートすることだってある。いじめは多種多様なのだ。

   いじめを原因とする転校を容易にしたり、クラスをなくしてしまったり、そもそも「学校が一様である必要がないことに子どもが気づくようになれば、少なくともいじめ自殺はゼロに近づけられる」(森口氏)と語る。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中