東電、管理職年収を30%減に 電気料金値上げ前に対応

印刷

   電気料金の値上げを前に、東京電力が2012年度から3年間、社員の1割を占める課長以上の管理職の年収を原発事故前から30%ほど減らすことが分かった。

   報道によると、政府が値上げ審査で原価圧縮を求めてきたことを受けて、東電も踏み切った。この削減を受けて、管理職の年収は平均830万円ほどになる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中