ネットスーパーに住友商事とNTT東日本が参入 テレビ画面で注文

印刷

   住友商事とNTT東日本は2012年7月24日から新たに、テレビ画面で注文できる「サミットネットスーパー」を開始した。

   住友商事のサービス事業は、NTT東日本の光回線サービス「フレッツ光」を活用し、利用者は既存のテレビに接続すると、ネットや動画などのアプリケーションが使える専用端末を使って、画面上に住商グループの「サミットネットスーパー」のメニューを表示。生鮮など約5000品目の食品の中からリモコンで操作して買い物ができる。

   ネットスーパーは共働き世帯の増加などを背景に利用者が広がっているが、住商はパソコンやスマートフォンなどに不慣れな高齢者層を取り込む。

   専用端末の価格は8400円。サミットアプリケーションインストール費用が5250円。サービスの提供地域は首都圏の約800万世帯で、配達日は即日か、翌日以降かを指定できる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中