財務省、外国貨幣の製造受注目指す 9月から14か国訪問

印刷

   財務省は、アジアや中東の新興国の貨幣(硬貨)製造の受注を目指し、2012年9月から順次、14か国へ職員を派遣して情報収集を進める。同省所管の独立行政法人造幣局(大阪市)の設備稼働の余力を有効活用し、技術の維持・向上を図る狙いがある。

「技術錬磨の場を確保したい」

   財務省によると、訪問を予定しているのは、ミャンマーやベトナム、サウジアラビアなど。これらの国では現在、欧米諸国に貨幣製造を委託するなどしている。

   外国貨幣の製造受注は過去(戦後)、数例の記念銀貨の実績があるだけだ。今回、「海外展開」を目指す背景には、電子マネーの普及などにより、国内の貨幣流通量が減少していることがある。製造設備は、従来から「有事」(偽造通貨の大量発生など)に備えて余力を持たせているが、その「余力」が広がっており、設備の有効活用が課題となっていた。

   財務省関係者は「新しい製造技術を試す機会が行革の中で減っており、海外市場への展開でそうした技術錬磨の場を確保したいという問題意識もある」と話している。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中