「どうせ何もしてくれない」 大津いじめで生徒が「学校不信」

印刷

   滋賀県大津市の市立中学2年の男子生徒がいじめを受け、自殺した問題で、元同級生や在校生らによるいじめの実態の証言が続々と出てきている。

   そうした生徒らはメディアに対し「学校への不信感」を口にしている。ここまで学校が生徒に不信感を抱かせてしまった理由は何なのだろうか。もはや学校にいじめ問題の解決を求めることは難しいのだろうか。

いじめを見ても「言わないでおこう」

   2012年7月23日付の読売新聞(夕刊)は、学校が自殺の6日後に実施したアンケートに、学校への不信感から回答しなかったという複数の生徒のコメントを掲載している。

   アンケートに回答しなかった理由は「学校にはまともに取り上げてもらえないと思った」。また、いじめを目撃しても、生徒の間で「先生に言っても何もしてくれないから、言わないでおこう」という雰囲気ができていたそうだ。

   7月20日付の読売新聞も、「自殺の練習の場面を数回見た」と証言した生徒が、「いじめを見逃した学校が信じられない」としてアンケートに回答しなかったと話したと報じている。

   中国新聞は7月26日、学校がアンケートの自由記述欄の記載を、11年10月の調査当初は大津市教育委員会に提出していなかったと報じている。関係者の話として、自由記述蘭には「全力をかけて調査してほしい」「(男子生徒が)なぜ命を失わなければならなかったのか知りたい」などと書かれていたという。こうした学校の態度が、生徒からの不信感につながっているのだろうか。

「昔からやんちゃな学校だった」

   この学校についてある大津市議に話を聞いたところ、昔からいわゆる「やんちゃ」な生徒が多く、荒れている時もあれば、いい時もあるような学校なのだという。学校周辺は大阪や京都から多くの人が流入してきている地域で、人口が爆発的に増えており、色んな問題が起こりやすくなっているらしい。学校では先生と生徒との関係が表面的なものになっていて、生徒が「本音を言うと特定され、攻撃されるのでは」と危惧するのもその通りではないか、と話していた。

   担任の教師に関しては、県内でも一番真面目と思われる中学校から「やんちゃ」な中学校に赴任してきて、難しい問題に対応できなかったのでは、とのことだった。この市議が担任教師の元教え子から話を聞いたところ、体育会系の熱い先生だが、いじめに対してどうしたらいいのかわからなかったのではないかと言われたそうだ。悪い先生だという評判は聞かないという。この学校の他の教師に関しても特に悪い評判があるわけではなく、やはり教員や学校を統括している市教委に根本的に問題があると思う、と話していた。

   なお、滋賀県警は7月26日から、男子生徒が自殺した当時の在校生らへの事情聴取を始めている。聴取の対象はおよそ300人にのぼると見られており、いじめ問題でここまで大規模に警察が生徒から事情聴取をするケースは珍しい。インターネット上では学校や市教委の調査では明らかにされなかった実態を解明してほしいという声が上がっており、もはや今回のいじめ問題で学校の自浄能力に期待するという人はほぼいない状況だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中