被災後、各地を転々 「生き返れた」浪江町の女性【福島・いわき発】

印刷
news_p141330_1.JPG

   散歩しながら、デジカメで花や鳥を撮る。夏井川溪谷の無量庵でも菜園の草を引き、生ごみを埋めたあと、周囲をめぐってパチリとやる。無量庵の庭。地べたに、棚状にクモの巣が張ってあった。雨上がり。細かな水滴がびっしり付いている。パチリとやって拡大すると、面白い水玉模様になった(=写真)。写真のワナだな、これは。


   3・11後もいわきでは普通に郊外をめぐり、花や鳥やキノコをパチリとやることができる。双葉郡との比較でそれを意識したのは、つい最近だ。


   被災者の交流スペース「ぶらっと」。津波被害に遭った人や、原発事故から避難してきた人たちが利用する。ボランティアを兼ねる人もいる。


   津波で家を失い、原発事故のために家があっても帰れない人たちもまた、日ごろから野草や鳥やキノコに接していたはずだ。家庭菜園を営む人も多かったに違いない。その楽しみが奪われた。普通が普通でなくなった。


   カミサンが無量庵の庭に咲くネジバナを摘んで、「ぶらっと」に飾った。「なつかしかった」と双葉郡から避難している人が語った。ヤマユリは阿武隈高地に夏を告げる花。きのう(7月24日)、小欄に書きながら、双葉郡の人たちもふるさとのヤマユリの花を見たいだろうな――ふと、思った。


   おとといときのう、ボランティアが参加して被災者に届ける情報紙「ぶらっと通信」第9号(8月1日付)の発送作業をした。<利用者の声>を読みながら、双葉郡の人たちも、いわきの人間も、同じ運命共同体の一員、という思いを深くした。


   <利用者の声>は68歳の浪江町の女性。相馬市のスーパーで買い物中に大地震に遭遇した。車で帰宅途中に津波を目撃して、急いで山側へと車の向きを変えた。なんとか自宅にたどりついたものの、家の中はめちゃくちゃ。実家へ避難して車の中で一夜を過ごしたら、避難勧告の無線が入った。


   二本松からいわき、柏、そして勿来の娘さんのところで1年を過ごしたあと、今年4月から平の借り上げ住宅に住んでいる。ヨーカドーへ買い物に来て、偶然、「ぶらっと」を知った。今は週に2回ほど通っている。「これからも色々なニーズに応えられるように多様なことをやってもらえれば、私のように生き返れる人がもっと出てくると思います」


   「生き返れる」という言葉に胸を打たれた。被災し、避難した人の言葉の深さ。あなたも、私も、同じ時間と空間を生きている"仲間"ですよ、一人じゃないですよ――そう伝えたくなった。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中