広島原爆の日 「市民守るエネルギー政策を」平和宣言で訴え

印刷

   「ヒロシマ」は2012年8月6日、米軍による原子爆弾の投下から67回目の原爆の日を迎えた。広島市中区の平和記念公園には未明から大勢の人が訪れ、犠牲者を悼んだ。

   午前8時からの平和記念式典には、過去2番目となる71か国の代表のほか、被爆者や遺族、市民ら約5万人が参列した。原爆投下時刻の午前8時15分、参列者が黙とうをささげた。

   松井一実・広島市長は平和宣言で、被爆者で原水爆禁止日本国民会議(原水禁)議長などを務めた故森滝市郎氏の言葉「核と人類は共存できない」を昨年に続いて引用する一方、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、「市民の暮らしと安全を守るためのエネルギー政策の一刻も早い確立」を政府に求めた。「脱原発」の是非には踏み込まなかった。

   野田佳彦首相はあいさつで「脱原発依存の基本方針のもと、中長期的に国民が安心できるエネルギー構成の確立を目指す」と述べた。

   式典では、松井市長と遺族代表2人が、この1年で死亡が確認された被爆者ら5729人の名前などを記した原爆死没者名簿を、原爆慰霊碑の奉安箱に納めた。名簿は2冊増えて102冊となり、登載者は計28万959人となった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中