大リストラに株価急落「シャープショック」 公式ツイッターで「実はちょっと泣いた」

印刷

   業績不振で大規模なリストラを迫られているシャープの公式ツイッターが注目を集めている。決算発表会でリストラ計画が明らかにされた日の朝には「きょうはツイートしにくいな」と複雑な心境を明かし、その後は「ご心配とご迷惑をおかけしている方々を思うと心苦しい限り」とも。

   読者からは「応援しています。頑張ってください!」と同情的な声も相次いでおり、読者(フォロワー)数も2日間で5倍に急増している。その後もシャープをめぐる動きが報じられるたびに、独特な反応を見せている。

業績発表の朝に「きょうはツイートしにくいな」

シャープの公式アカウントが話題だ
シャープの公式アカウントが話題だ

   ここ1週間ほどのシャープは激震続きだ。2012年8月2日に発表された12年4~6月期の連結決算では、最終損益は第1四半期としては過去最悪の1384億円の赤字(前年同期は492億円の赤字)を計上し、13年3月期の業績見通しについても、最終赤字を300億円から2500億円に大幅下方修正した。主力の液晶パネル事業の不調が響いた。従業員全体の9%にあたる約5000人を削減するリストラ策も公表された。

   実は、この決算発表会の前後の公式アカウント(@SHARP_JP)のツイートが反響を呼んでいる。

   朝には、「ゴシゴシ」と目をこする絵文字とともに、

「いろいろ…がんばります」

と浮かない気分のようで、昼過ぎには

「きょうはツイートしにくいな」

と複雑な心境を吐露した。

取得価格見直し報道で「足並みのズレ」露見

   シャープには、翌8月3日にも大きな動きがあった。

   シャープと台湾メーカーの鴻海(ホンハイ)精密工業は3月27日、鴻海がシャープ株の9.9%を1株550円で取得して筆頭株主になることで合意していた。だが、8月3日になって、合意について「鴻海が履行する必要はない」ことにシャープが同意した、とする文書を鴻海が台湾証券取引所に提出していたことが明らかになった。シャープの業績悪化で株価が大幅に下落していることから、取得価格見直しで損失を回避する狙いがあるとみられている。

   仮に鴻海が取得価格を引き下げるとなれば、リストラ費用の捻出が危ぶまれるし、出資額を維持すれば、当初予定されていたよりも持ち株比率が高まり「鴻海支配」に拍車がかかる可能性がある。いずれにしても、シャープにとっては重大な局面だが、一連の動きに関する報道を、シャープでは、

「そうした事実はありません」

と否定。両社の足並みが揃っていないことが明らかになってしまった。

   この日の公式ツイッターでは、

「実はちょっと泣いた」

と心が折れたようにも見えたが、読者から

「ツイート見て泣いた」
「がんばれ!」

といった応援メッセージが相次いだ結果、

「みなさま、RTや★、フォローやコメント、ありがとうございます。ご心配とご迷惑をおかけしている方々を思うと心苦しい限りですし、今後もこのような状況が続くのかもしれません。が、私たちにできることは、きっとまだたくさん」
「こんな日にフォロワー数2000越えた…けど、ありがとうございます、ほんとうに」

と、頑張っている様子がうかがえる。なお、★とは、読者がツイートを「お気に入り」に登録することを指す。

   8月5日には、

「フォロワーさん、い、いちまん超えてて…打ち震えてる」
「みなさま…ほんとうにありがとうございます…ありがとうございます」

と、泣き顔を表す顔文字付きでツイート。急激な読者の伸びに感謝した。

   週明け8月6日にも、波乱があった。同日午前の東京株式市場では、シャープ株が一時前週終値比16円安の176円まで下落。1974年11月以来、約38年ぶりの180円割れとなった。終値は181円だったが、それでも鴻海と合意した価格の3分の1の水準だ。

   公式アカウントは、

「じぶんがここでできること、考えてる」

とツイートするのが精一杯だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中