「守護神」はドッジボール少女 キーパー福元「挫折」から奇跡の復活

印刷

   ロンドン五輪でサッカー女子日本代表「なでしこジャパン」が、フランスとの激闘を制して決勝進出を決めた。ワールドカップ(W杯)との2冠達成まで、「マジック1」だ。

   フランス戦勝利の立役者は、ゴールマウスを死守し続けたGKの福元美穂選手。北京五輪での敗戦や大きなケガを乗り越え、大舞台で躍動した。

子どもの頃のあだ名は「アンパンマン」

   嵐のようなフランスの猛攻を耐えきった。英国時間2012年8月6日に行われた、サッカー女子の準決勝。後半20分ごろから、日本の選手たちは自陣でほぼ釘づけ状態となった。全員で守備に回るなか、最後の砦としてGK福元選手がフランス攻撃陣に立ちはだかる。後半26分、相手のシュートを左手1本で止めてみせると、同34分にはロングボールをパンチング、さらにこぼれ球が押し込まれそうになっても落ち着いて対処した。2-1と日本リードで4分間のロスタイムに入るが、防戦一方は変わらない。強烈シュートを正面でキャッチし、終了間際にも危うい場面があったが、判断よく飛び出して失点の芽を摘んだ。

   国際サッカー連盟(FIFA)の公式サイトによると、フランスが放ったシュート数は実に25本、コーナーキックは5本に上る。対する日本のシュート数は6本。いかにフランスが怒涛の攻撃を仕掛け、福元選手が封じたかが分かる。今大会では正GKとして、1次リーグの南アフリカ戦を除く4試合に出場し、失点はわずか2点と安定感抜群だ。

   福元選手はこれまで、どんなサッカー人生を歩んできたのか。南日本放送(MBC)が7月18日に放送した番組で、その一端が垣間見られた。福元選手の出身地、鹿児島県指宿市で小、中学生時代にサッカーを指導したという松下一志さんが、当時の様子を語っていたのだ。松下さんが運営していた子どもサッカーチームに、福元選手は小3で入団した。当時のあだ名は「アンパンマン」。GKに指名したのは、松下さんが子どもたちに「誰が一番ドッジボールがうまいか」と質問した際に、一斉に福元選手の名前が挙がったからだと明かす。本人は嫌がるそぶりを見せず、その瞬間に未来の「なでしこの守護神」が誕生した。

   中学の3年間は九州選抜、また3年生では16歳以下の女子日本代表にも選ばれた。代表チームに参加してキーパー専門のコーチから学んだ内容をノートに書きとめ、地元に戻るとそのノートを開いて練習の参考にしていたという。

「もうイヤ、できない」という壁がなかった

   高校卒業後の2001年、現在も所属する女子サッカー「なでしこリーグ」(当時はL・リーグ)の岡山湯郷ベルに入団。02年には日本代表に初めて招集され、06年ごろからレギュラーに定着した。サッカー選手として順調にキャリアを積んでいるように見えるが、なでしこジャパンが世界の頂点を目指す中では「挫折」も経験している。

   正GKとして臨んだ2008年の北京五輪、4位の成績を残した。五輪では過去最高だったが、メダルに届かなかったのも事実だ。大きな壁となって立ちはだかった米国には1次リーグ、準決勝と2回対戦して連敗。特に準決勝ではキーパーとして4点を献上する屈辱を味わった。3位決定戦でもドイツに2失点を喫して敗れ、世界トップとの差を痛感させられることになる。

   五輪終了直後、福元選手はなでしこリーグの試合中に左アキレス腱断裂の大けがを負い、09年4月に復帰するまで約半年を要した。11年のW杯ドイツ大会では、正GKの座を海堀あゆみ選手に譲り、控えに回る。その海堀選手は決勝の米国との試合、PK戦で2本ブロックと最高のプレーで世界制覇に貢献した。国内では「なでしこフィーバー」が起き、テレビではその快挙が連日報じられた。選手は連日ひっぱりだこ。だが、福元選手自身は表舞台で活躍する機会がなかっただけに複雑な心境だったかもしれない。

   ロンドン五輪前、日本代表の佐々木則夫監督は正GKの決定をギリギリまで伸ばした。そして福元選手を起用――これが「吉」と出た格好だ。8月7日に日本テレビで放送された情報番組「スッキリ!!」の中で、サッカー解説者の大竹七未さんは「準々決勝からラッキーガール。(フランス戦でも)流れを引き寄せてくれた」と絶賛した。

   「『もうイヤだ、ここはできない』という壁がなかった気がする」。前述のMBCの番組で、福元選手を指導した松下さんはこう振り返っていた。フランス戦後のインタビューで、福元選手は「時計を見ても、全然時間が過ぎなかった」と話したが、雨あられと降り注ぐシュートを防ぎきった忍耐力、決して失点しないという強い精神力は、子どものころ既に培われていたようだ。金メダルを争う相手は、北京五輪で2度苦杯をなめた米国。鉄壁の守りで、北京の借りをロンドンで返す。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中