フェイスブックに「賭博ゲーム」 「リアルマネー」で収益拡大ねらう

印刷

   フェイスブックに、ゲーム内のみで使用できる「仮想通貨」ではない実際の通貨(リアルマネー)を賭けることが出来るゲームが初めてお目見えした。

   急拡大したフェイスブックは2012年5月の上場直後から成長性に疑問符が付けられ、株価も伸び悩んでいる。新事業で収益の確保を狙うが、今後の広がりは未知数だ。

「リアルマネーによる賭博は英国では一般的で、適切に監督されている」

フェイスブックでスタートした「ビンゴ&スロッツ フレンジー」(Bingo & Slots Friendzy)。今は英国でしかプレイできない
フェイスブックでスタートした「ビンゴ&スロッツ フレンジー」(Bingo & Slots Friendzy)。今は英国でしかプレイできない

   フェイスブック上で2012年8月7日にサービスが始まったのは、英国で賭博サイトを運営している「ゲームシス」社が開発した「ビンゴ&スロッツ フレンジー」(Bingo & Slots Friendzy)。これまでにも、「フェイスブッククレジット」と呼ばれる、フェイスブック内でのみ通用する通貨を使ったゲームはあったが、クレジットカードを使って実際の通貨を賭け、勝った場合には賞金が得られるゲームは初めて。

   ゲームの内容は至って単純で、ビンゴゲームやスロットマシンのゲーム約90種類が遊べるようになっている。利用上限額を設定でき、ギャンブル中毒による被害を抑えられるとしている。

   フェイスブックでは、英BBCに対して、ゲームはフェイスブックと共同で製作したものではなく、ゲームシス社が単独で運営していることを強調。

「リアルマネーによる賭博は英国では一般的で、適切に監督されている。そのため、パートナー企業に対して、安全で管理された環境で、フェイスブックをプラットフォームとした成人向けゲームを提供することを許可した」

とコメントしている。

日本国内からはプレイできない

   なお、このゲームは英国の18歳以上の利用者のみがプレイでき、日本国内でアクセスしても、

「アプリ『Bingo & Slots Friendzy』の使用は制限されています」

と表示され、実際に遊ぶことはできない。

   前出の仮想通貨「フェイスブッククレジット」の場合、売り上げの7割がゲーム開発会社、3割がフェイスブックに配分される仕組みになっている。今回のリアルマネーのゲームに関する契約条件は公表されていないものの、フェイスブッククレジットと大きく割合が変わることはないとみられ、この分野の利用者が増えれば、フェイスブックの成長も加速する可能性がある。

   ただし、日本はもちろん、米国でもネット上での賭博は、ラスベガスがあるネバダ州など数州を除いて禁止されている。今後、英国以外でどの程度事業を拡大できるかは未知数だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中