9月に東京で医療事故報道を検証するシンポ

印刷

   日本医学ジャーナリスト協会は2012年9月15日午後 1時半から東京・市ヶ谷の「アルカディア市ヶ谷」で公開シンポジウム「医療事故報道を検証する~医療事故調の議論はどこへ向かうのか」を開く。医療事故の報道は密室の扉を開く役割を果たす一方、患者側と医療側の溝を深めた傾向もある。解決の方法と見られた第三者機関・医療事故調創設の機運も政権交代で進んでいない。そこで同協会は当事者を招き、問題点の整理や今後の方向を探るシンポジウムを企画した。

   患者側から永井裕之・医療の良心を守市民の会代表、医療側から佐藤一樹・いつき会ハートクリニック院長、報道側から出河雅彦・朝日新聞編集委員の 3人がそれぞれの思いを述べ、討論、参加者の意見も聞く。永井さんは都立広尾病院事件の被害者、佐藤さんは東京女子医大事件で人工心肺を担当し、報道被害を受けた医師。会費は1000円。問い合わせは同協会事務局 (電話03-5561-2911) まで。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中