「ぬか床」にアオカビ 原発事故は食文化をも破壊する【福島・いわき発】

印刷
news_p142735_1.JPG

   体が酸味を求めているのかもしれない。キュウリで言えば、緑色のままの浅漬けより飴色の古漬けを、というふうに。梅雨入り前は浅漬けキュウリをざっくり切って食べた。が、梅雨後半、気温が上がるにつれて古漬けキュウリを細かく切って食べるようになった(=写真)。


   ぬか漬けはそれ自体、浅漬けだ。キュウリのほかにカブ、大根、ニンジン、ナスなどをぬか床に入れる。ニンジンは少し時間がかかる。が、キュウリや大根は朝入れて、夕方には取り出すことができる。


   1年を夏と冬の二つに分ければ、冬は白菜漬け、夏はぬか漬けだ。一年中、漬物を欠かさない。3・11前は、夏井川溪谷の無量庵で三春ネギのほかに毎年、キュウリを栽培した。ぬか漬けと保存用(塩漬け=古漬け)にするためだ。


   ぬか床は生きものだ。昨年3月、フクイチの原発建屋が連続して爆発し、9日ほど孫たちを連れて避難した。帰ってきてぬか床を見たら、アオカビが生えていた。表面をかきとるだけで済んだが、浜通りのぬか床は去年、かなり死んだにちがいない――暗澹たる思いになった。


   なにがなんでもぬか床は守る――。大山のぶ代さんは女優志望の貧乏時代、亡母のぬか床に助けられた。夏目漱石の孫の家のぬか床は江戸時代から続くものだ。


   双葉郡の人たちは、それこそ「着の身着のまま」避難した。今も避難したままの人がほとんどだ。


   なかに、ぬか床を持ちだした人がいる。昨年5月31日付で書いたことだが、浪江から東京へ避難する途中、いわきのいとこにぬか床を託した。「祖母の、祖母の、祖母の代から伝わるぬか床」だという。原発事故はこうした食文化をも分断・破壊する。それが許せない。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中