「中国はライバルというよりも、大きな目標」 卓球女子「銀メダル」3選手が帰国会見

印刷

   ロンドン五輪の卓球女子団体で銀メダルを獲得した福原愛(23)、平野早矢香(27)、石川佳純(19)の3選手が2012年8月14日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で記者会見に臨んだ。日本卓球で初のメダル獲得ということもあって、会見で笑顔を絶やさなかった3選手だが、決勝戦で敗れた中国チームについては「高い壁」と表現。「ライバルと言うよりも、大きな目標」と、率直な感想も述べた。

メダルには「20年分の思い詰まっている」

左から石川佳純選手、平野早矢香選手、福原愛選手
左から石川佳純選手、平野早矢香選手、福原愛選手

   3選手は、

「私は、昨日で卓球を始めて20年。このメダルには、20年分の思いが沢山詰まっている。20年のすべてと、支えてくれた皆さんに感謝している」(福原選手)
「夢だったメダルを実現できて本当にうれしい。最高だと思った」(平野選手)
「平野さんに抱きついたことしか覚えていない。シンガポールには1回も勝ったことがなかったので、勝ったんだ!といううれしい思いで、自然と涙が出てきた」(石川選手)

などメダルへの思いを口にし、福原選手は

「団体は100点(満点)といって恥ずかしくない」

と言い切った。

   決勝戦で対戦した中国チームへの思いは、特別なものがあるようだ。平野選手は、

「中国と対戦する前に、シンガポール、韓国などアジア勢が強かったので、そのチームに勝つために力を入れてきた。本当に、中国が大きな壁だが、そこにいくまでに(アジア勢を)乗り越えていかないといけない」

と中国よりもアジア勢への対策に力を入れてきたことを明かし、福原選手も

「正直なところ、中国はライバルと言うよりも、今の私たちにとっては大きな目標。やっぱり中国選手はものすごく強いし、今回の決勝でも、私は1ゲームを取ることが精いっぱいで、まだ超えるというよりも距離を近づけることが第一の目標になってきてしまうと思う」

と、同様の考えだ。

中国は「パワー、回転量、スピード、すべてが上回っている」

   日本と中国の力の差については、福原選手は

「私たちアジア人選手に比べたら、(中国人選手は)パワー、回転量、スピード、すべてが上回っていると思う。フィジカル面がすごくしっかりしているので、どんなラリーになっても体が崩れにくい。日本語だと、『ドライブ』という技術を指す言葉にしても『パワードライブ』と『ループドライブ』の二つしかないが、中国語だと何種類もある。そういったところが、中国が『卓球が詳しい』と、よく思う」

などと背景を解説した。

   福原選手は中国への留学歴もあり、流ちょうな中国語を話す。中国でも福原選手のファンは多いとされるが、福原選手は

「人気があるというのは、周りの人が判断することなので、私が人気があると思ったことは、あまりないです」

と謙遜。その上で、

「例えば前回の北京五輪の時も、私が中国選手と試合をしているにもかかわらず、沢山の方が、私の名前を呼んで応援していただいた。今回も準決勝で勝ったときに、中国の観客の方が中国の国旗を振りながら『おめでとう!』と言ってくださったりした。そのため、私が人気があるという風に、皆さんに映っているのではないかと思う」

とはにかんだ。

「メディアは私とファンをつなぐお友達」

   福原選手の「コメント力」の高さが際立つ会見でもあった。メディアとの関係について、

「(メディアからの)注目は、親切なものばかりではなかった。これまで、メディアに対してどのように対応してきたか。今、メディアに対して、どのような気持ちを持っているか」

と聞かれると、

「3歳から卓球を始めて、4歳の頃からメディアとお付き合いをさせていただいてきた。小学生・中学生の頃は何もわからないままだったが、高校生ぐらいから、すごく失礼な言い方かも知れないが、メディアの方は、私とファンをつないでくれる大切なお友達」

と回答。会見場からは拍手が起きた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中