専用練習場、スポーツ科学、IT分析… 「メダル獲得過去最多」には理由があった

印刷

   2012年7月27日から8月12日まで開催されたロンドンオリンピックでは、フェンシング男子フルーレ団体が初のメダル獲得、体操男子個人総合で内村航平選手が28年ぶりの金メダル獲得など快挙が続き、日本は最終的に過去最多の13競技でメダル38個獲得という好成績をおさめた。

   バレーボール女子の日本代表はロサンゼルス大会以来28年ぶりの銅メダルを獲得し、「東洋の魔女復活だ」と歓喜の声が上がった。日本躍進の裏には、国のスポーツ支援と「データ戦略」があった。

「NTCでやっていた競技がメダル獲得できた」

   1997年、文部省(当時)保健体育審議会の答申に「ナショナルレベルのトレーニング拠点の設置」が盛り込まれた。背景には、日本のスポーツ医・科学研究が遅れており、十分な世界レベルの選手育成ができていないということがあった。これを受けて、スポーツ科学、医学、情報など最先端の研究から選手のトレーニングなどをサポートする国立スポーツ科学センター(JISS)が2001年、東京・北区に開所。豊富な練習場を備えた世界レベルのトレーニング拠点となる味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)が08年、JISSに隣接してオープンした。

   ロンドンオリンピックに向けて、JISSは「Handbook」というITサービスを導入。テキストや画像、動画などのコンテンツをiPhoneやiPadなどの端末に配信し、データ解析や戦略立案ができる仕組みを整えた。フェンシング代表は相手選手の試合や自身のトレーニングの動画を約300件保存し、その動画を使って試合での得失点、攻撃・防御の回数を数値化したデータから戦略を練った。またロンドンに事務所を設置し、練習場の提供や現地の日本食、交通事情などの情報提供も行った。

   NTCにはフェンシングや競泳、レスリング、体操など、メダルを獲得した競技を含む13競技の専用練習場が備えられている。専用練習場はないが、陸上とアーチェリーも代表合宿などで利用した。JISSの広報によると、北京大会が開催された08年はNTCの供用開始から7か月しか経っておらず、練習場を利用した準備は十分にできなかった。今回は4年間整った環境で十分な練習を積めたことが、メダルラッシュにつながった一因ではないかと話していた。

   選手側も好成績はNTCとJISSの影響が大きいと見ている。戦後最多となる11個のメダルを獲得した競泳日本代表の平井伯昌コーチが好成績の要因について「NTC、JISSのサポートの力は大きい」と8月5日の会見で語ったほか、日本代表選手団総監督の塚原光男氏は12日の総括記者会見で、「NTCの活用が有効だった。そこでやっていた競技がメダルを獲得できた」と話している。

迫田の先発起用もデータ分析で決めた

   2012年8月12日の「真相報道バンキシャ!」(日本テレビ系)では、日本の「データバレーの秘密」が放送された。

   8月9日に行われた準決勝のブラジル戦で、試合開始1時間前に会場入りした日本のスタッフをバンキシャのカメラがとらえていた。このスタッフは「アナリスト」と呼ばれるデータ分析専門スタッフで、試合中に1つ1つのプレーをパソコンに打ち込んで相手チームの攻撃パターンやサーブのコース、各選手の特徴などを分析する。そのデータは眞鍋政義監督が手にするタブレット端末に送られ、監督はそれをもとに戦術を練っていく、という具合だ。

   11日の3位決定戦で、江畑幸子選手に代わって迫田さおり選手の先発が決まったのもデータ分析によるものだ、という。眞鍋監督は試合後に、「今までのデータで、韓国戦は江畑よりも迫田のほうがかなり良かったので、それを信用して迫田を先発にしました。(データでは)スパイク決定率、効果率で15~20%くらい良かったです」と語っている。データをもとに、セッターの竹下佳江選手は迫田選手に集中的にボールを上げた。試合を決めるスパイクを打ったのも迫田選手だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中