12球団のスカウト「すぐ欲しい」 早くも桐光学園・松井投手の争奪戦

印刷

   熱戦中の甲子園大会で桐光学園(神奈川)の松井裕樹投手が2012年8月16日の試合でまたもや19三振の快投を演じた。初戦で大会新記録となる22個を奪っており、2試合でなんと41三振。まだ2年生だというのにプロのスカウトは「すぐ欲しい」。あどけない怪物クンに周囲が熱くなっている。

2試合で脅威の「奪三振率 .719」!

   この日の2回戦の相手は優勝経験もある強豪の常総学院(茨城)。松井の左腕は恐れることなく三振の山を築いた。5回で10個。7回を終わったとき14個。残る2イニングでアウトすべてを三振に取れば20個になるところだったが、最後の打者は外野飛球だった。

   5点を失ったものの、観戦者は恐らく勝敗より三振の数に注目していたに違いない。1回戦の今治西(愛媛)では22三振という驚異の新記録をやってのけたばかり。2試合57アウトのうちバットに当たったアウトは16。実に7割を超える「奪三振率」だ。これほどわくわくさせる投手の出現はほんとうに久しぶりである。

   松井はストレートにカーブ、スライダーを投げる。145km/hの速球に加え、変化球のキレは抜群だ。落差が大きいカーブも一流だが、スライダーは対戦した打者が「消える」と表現したほどの超一級品。このスライダーは当初「カウントを稼ぐため」。それを「決め球」に格上げしたという。よほど自信がある球種なのだろう。

   どんな投手に似ているのだろうか。関係者の話を聞いてみると、まず挙がるのが名古屋電気(現愛工大名電)の工藤公康(元西武、巨人など)。大きなカーブを武器に1981年の第63回大会でノーヒットノーランを達成した。ただ体付きは松井の方ががっちりしており、豪快だ。キレの良さという点で鹿児島実の杉内俊哉(現巨人)タイプとの声も。迫力とスライダーで、駒大苫小牧の右腕田中将大(現楽天)を左投げにしたみたい、という見方もあった。

「秀喜」から「裕樹」の時代に

   松井の登板試合はプロのスカウトが顔をそろえる。日本は全12球団がずらり。「今でも抑えで使える」「今年のドラフトでも1位」と賞賛の感想ばかり。結論は「来年のドラフト1位は確定」。実は大リーグ球団も参加しており「米国に来れば大成間違いなし」。早くも「日米争奪戦」の様相なのである。

   この中で「縁」を強調するのはDeNA。「(横浜出身の)松井は小学生時代にベイスターズジュニアに所属していた」と言う。また、「松井が中学時代に日本一になったころから目を付けていた」と巨人も売り込む。

   松井の素質は誰もが認めるところである。心配するのは日本独特の「ひいきの引き倒し」だ。甲子園大会が終わった後、まずマスコミは公式戦、練習試合を問わずすべての試合を取材するだろうし、私生活も追いかけるまでエスカレートするだろう。オリンピックが終わったことで、新しいヒーローを求めるマスコミにとって絶好の標的だ。

   ファンも追っかけを編成する可能性がある。間違いなく松井の環境は変わり、家族、学校は野球以外のことで神経を使うことになる。日本球界で松井といえば大リーガーのゴジラ松井秀喜だったが、この夏で「秀喜」から「裕樹」に、その代名詞が置き換わる事になるかもしれない。(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中