ジャーナリスト山本美香さんシリアで死す 政府発表より先に「ユーチューブ」に動画

印刷

   日本人の女性ジャーナリストが2012年8月20日、内戦が続くシリアで取材中に戦闘に巻き込まれ死亡した。いち早く伝えたのは同夜の動画投稿サイト「ユーチューブ」、戦場ジャーナリストの山本美香さん(45)だと分かると、ネット上で悲しみが広がった。

   動画をアップしたのは、山本さんが同行取材をしていたシリア政府反体制派の自由シリア軍。兵士は山本さんの遺体のそばに立ち、アサド政権の攻撃で殺された、とし、政府に対する抗議と戦場の悲惨さを語っていた。

顔は血で染まり右手は痛々しく抉れていた

   山本さんはアフガニスタンやイラク、チェチェンでの戦争や紛争の取材で活躍し、03~04年には日本テレビ系「きょうの出来事」のキャスターを務めた。優れた国際報道を行ったジャーナリストに贈られるボーン・上田記念国際記者賞特別賞を03年度に受賞。日本の戦場ジャーナリストとしてはよく知られた人だっただけに、ネットでは上杉隆さんら旧知の人々による悲しみのツイートが相次いだ。

   山本さんは大学卒業後に朝日ニュースター入社し報道記者やディレクターを経験し、95年から独立系通信社ジャパンプレスに移りニュースを届け続けた。今回の取材は日本テレビの依頼で、8月14日にシリア入りしていた。死亡したのは20日で、同僚の佐藤和孝さんとアレッポの内戦を取材している最中に、20~30メートルの距離から路上で政府軍によって銃撃を受けたという。

   日本人ジャーナリストが銃撃されて重体だ、と日本のメディアが報じたのは8月21日未明で、佐藤さんから山本さんが亡くなったと日本の外務省に連絡が入り、外務省が死亡を発表したのはその後だった。ただし、遺体の動画は20日夜の「ユーチューブ」にアップされていた。

   動画では収容所のような場所に山本さんの遺体が横たえられ、顔や頭が血で染まっているのが見えた。右手は銃撃を受けた痕なのか、痛々しくえぐられていた。山本さんの傍には佐藤さんがいて、遺体が山本さんであることを確認していた。

   別の動画では、山本さんの頭と体は毛布のようなもので包まれ、ワゴン車のようなものに乗せられていた。顔に付いた血は拭き取られていて、鼻には脱脂綿のようなものが詰められている。動画のタイトルはアラビア文字で「彼女はアレッポで狩猟された日本のマスコミ関係者」と書かれていて、遺体の近くに立った兵士は、ビデオカメラに向かいこの内乱の悲惨さを訴えていた。

反政府軍のプロパガンダに利用されたのは本望か?

   公式な発表よりも早く「ユーチューブ」に動画がアップされることについて、戦場ジャーナリストに話を聞いてみると、11年3月以降、シリアで死亡した外国人ジャーナリストは山本さんで4人になるという。ジャーナリストの死はシリアではインパクトが強いそうだ。

「反政府軍は政府を批判し、自分たちが行っている武装の正当性をアピールするため、こうした動画をビデオやスマートフォンで撮影してネットにアップします。山本さんは女性だったため、死亡したその姿と、汚れを落として毛布で包んだ別々の映像を紹介したのかもしれません」

と話している。

   この動画のコメント欄にはアラビア語や英語、日本語で

「彼女たちは、シリアの殺害者や犯罪者を明らかにする素晴らしい貢献をしてくれた」
「この動画で日本人の平和ボケがぶっ飛んでくれれば・・・少しでも、紛争地帯の現状伝える事ができれば・・・」
「貴女のこれまでに伝えてきたことは決して無駄なことではありません。あとは安らかにお眠りください。ご冥福をお祈りいたします」

といった書き込みや

「遺体をゲリラ側のプロバガンダに完全に利用されてるじゃん。ジャーナリストの彼女の本意では無いな」

などのコメントが寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中