橋下市長、従軍慰安婦「強制あるなら韓国側も証拠出して」

印刷

   大阪市の橋下徹市長は2012年8月21日、いわゆる従軍慰安婦の問題に関連して、「強制の事実かあったかどうか、韓国と論戦したらいい」と述べた。その上で、「それ(強制の証拠)があるなら韓国の皆さんに出してもらいたい」と、韓国側に説明を求めた。また、軍の関与や強制を認めた1993年の河野談話については「もう一度国民にしっかり説明しないといけないと思う」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中