「外交儀礼失する行動はお互い傷つける」 野田首相が記者会見で韓国に求める

印刷

   韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領が竹島(韓国名・独島)に上陸し、尖閣諸島に香港の活動家が不法上陸するなどの領土をめぐるトラブルが相次いでいることを受け、野田佳彦首相は2012年8月24日夕方会見を開き、「主張に違いがあっても、お互いに冷静に対応すべき」などと韓国側に呼びかけ、国際司法裁判所(ICJ)への提訴に応じるように改めて求めた。

   首相が領土問題に関連して会見を開くのは極めて異例だ。

韓国政府の一方的な占拠という行為

野田佳彦首相は、領土に関連する問題について「誠に遺憾の極み」と述べた
野田佳彦首相は、領土に関連する問題について「誠に遺憾の極み」と述べた

   野田首相は、会見冒頭に、

「今月に入ってから、我が国の周辺海域において、我が国の主権に関わる事案が相次いで起こっており、誠に遺憾の極み」

と強い調子で韓国や香港の活動家の不快感を示し、過去の経緯を振り返りながら、改めて竹島の領有権を主張。その上で、

「竹島の問題は、歴史認識の文脈で論じるべき問題ではない。戦後の、韓国政府の一方的な占拠という行為が、国際社会の法と正義にかなうのか、という問題。韓国側にも言い分はあるだろうが、自国の考える正義を一方的に訴えるだけでは、立場が異なる2つの国の間で建設的な議論は進まない。国際社会の法と正義に照らして、ICJの法廷で議論を戦わせ、決着をつけるのが王道であるはず」

と、改めてICJという「第三者の目」による判断を仰ぐように求めた。その上で、

「主張に違いがあっても、お互いに冷静に対応すべき。基本的な外交儀礼まで失するような言動や行動はお互いを傷つけ合うだけで、建設的な結果を生み出さない」

と、親書が送り返された問題を引き合いに出しながら、冷静な対応を求めた。

尖閣諸島は「そもそも、解決すべき領有権の争いが存在しない」

   親書を送り返して来た問題については、

「外交慣例上あり得ない行為で、大変遺憾に思う」

と改めて不快を示す一方、親書を返却しにきた韓国の外交官を外務省の敷地に入れなかったことについて「同じ土俵に上がってしまっている」という指摘が出ていることについて、

「一貫して冷静な対応をしており、礼を失することをやっているつもりはない。いちいち、私が申し上げることではないと思う。いずれにしても、我が方から送るべきメッセージが伝わってはいると思う」

と、対応に問題ないとの考えを示した。

   また、尖閣諸島については、

「そもそも、解決すべき領有権の争いが存在しないという点が(竹島問題との)大きな違い」

と従来の日本側の主張を繰り返し、香港人の活動家らが不法上陸した際、海上保安庁が撮影したビデオについては、

「今後の領海警備に支障が生じない範囲で公開することにする」

と明言した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中