8月の月例経済報告 景気判断を10か月ぶり下方修正

印刷

   内閣府が2012年8月28日に発表した8月の月例経済報告によると、欧州や中国など海外経済の減速を受けて生産や輸出に弱さがみられることから、景気の基調判断を11年10月以来、10か月ぶりに下方修正した。

   個人消費や設備投資など内需は引き続き上向いているとして「緩やかに回復しつつある」との認識を維持しつつ、「このところ一部に弱い動きがみられる」との表現を追加した。

   輸出は、欧州の債務問題の影響からアジア向けが鈍化。下支えとなっていた米国向けも横ばいにとどまったため、「弱含んでいる」と7か月ぶりに下方修正した。輸入は火力発電用の液化天然ガス(LNG)の増加ペースが収まってきた。

   個人消費は「緩やかに増加している」から「緩やかな増加傾向にある」と10か月ぶりに下方修正。新設住宅着工数が減少した住宅建設は6か月ぶりの下方修正となった。

   一方で、雇用は3か月ぶりに上方修正した。

   景気の先行きについては「当面、世界景気減速の影響を受ける」としながらも、国内の復興需要などに支えられて、「景気回復の動きが続く」と表現した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中