「アマゾンでは何でも売っている」 防弾チョッキや女性の使用済み下着まで

印刷

   ネットショップ「アマゾン」の日本法人が、「とんでもないものを売っている」などとネットで話題になっている。

   例えば、便器の形のカレー皿やソープお風呂用エアマットといった日用品から、対ライフル用防弾シールド、防弾座布団などがある。

   極めつきは女性の使用済み下着。「アマゾンは知っていて販売しているのか」などとネットで注目されている。

「便器の形のカレー皿」でカレーが食べたい?

   アマゾンで商品を検索すると予想もつかないグッズが現れる。それは常識化しているようで、ネットでは「誰が買うんだ?」などと度々話題になる。例えば、防犯グッズでは65万円の「対ライフル用防弾シールド」がある。世界22カ国の軍隊や警察で使われているとの説明が付いている。23万円の「防弾ザブトン」は、

「車の後部座席や事務所のソファーに1枚あれば便利な一品」

だそうで、防弾車仕様にするより経費が格段に抑えることができるのだという。

   2万9800円の「防刃ベスト」もあり、レビューには、

「仕事柄、ナイフや包丁でいきなり襲ってくる可能性のある人を相手にすることもあるため購入してみました」

と書かれている。

   日用品では1260円の「女体盛り皿」、福神漬けが置けるタンク部分が付いている2079円の「便器のカタチの カレー皿 洋式」、7200円の「ソープ お風呂 用 エアマット」がある。スケベ椅子とローションとを一緒に買って、家庭でソープ気分を味わって欲しいそうだ。

「お客様がオンラインで求めるあらゆるものを検索、発見できる、世界で最も顧客重視のストアであることを目指します」

   アマゾン日本法人のホームページにはこう掲載されている。商品数は5000万種類に及ぶ。つまり、「無いものはない」ようにしたいということのようだ。

「使用済み」下着も「Amazon.co.jp が販売、発送します」

   そうした中で最も注目を集めているのが「使用済み」の女性の下着。それらの殆どが「Amazon.co.jp が販売、発送します」となっている。1176円の商品は生写真付き。発送までに1ヶ月から2ヶ月かかるそうで、説明書きには、

「一緒にえっちなこといっぱいしちゃってください」

などと書かれている。別の使用済みと書かれている下着の値段は1029円。使用したと思われる女性の出身地と名前、スリーサイズなどの説明も付いている。

   こうした下着を販売する狙いや、アマゾンが販売を知っていて許しているのかなどについてアマゾンの日本法人に問い合わせてみたが、

「担当者が席を外しています」(同社広報)

ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中