「現役世代は不幸だとは一概には言えない」 厚労白書にネットユーザー反発

印刷

   「『今の高齢者だけがやたら恵まれていて、現役世代は不幸だ』とは、一概にはいえないと考えられる」――こんな一文が書かれた、平成24年版厚生労働白書がネットユーザーの間で物議をかもしている。

   現役世代は、年金受給などの面で親や祖父母の世代に比べると恵まれない、といわれているが、白書はそんな「世代間格差」を否定した形になっているからだ。

「親の扶養のための経済的負担は親の世代に比べて軽減されている」

   白書は政府が2012年8月28日に閣議決定したもので、昨今注目を浴びる「社会保障」について多くの紙幅を費やしている。中でも話題を呼んでいるのは「高齢者は得をしているのか?」と「世代間の公平について考える」という2つのコラムだ。

   前者では1940年代生まれの世代は年金を支払った額の約6.5倍も受け取るが、80年代以降の生まれだと2.3倍にとどまることを認めつつ、80年以降に生まれた世代は、社会保障制度により、「親の扶養のための経済的負担は親の世代に比べて軽減されている」ため、「『今の高齢者だけがやたら恵まれていて、現役世代は不幸だ』とは、一概にはいえないと考えられる」と結論づけている。

   さらに後者では、現役世代は、

・前世代から引き継ぐ社会資本のストックから受ける恩恵
・教育や子育て支援に対する給付
・親からの1人当たりの相続財産

が現在の高齢者世代の若かった時代と比べて、増加している事実を指摘した。

相続する資産がない若者は一方的に払うだけ

   これらが「親からの相続財産などが多くなっているから、社会保障の世代間格差は仕方ない」とも読めるような内容で2ちゃんなるなどで紹介されたため、現役世代が多くを占めるとされるネットユーザーからは

「相続してごらん、税金で殆ど残らないんだ」
「相続する資産がない若者は一方的に払うだけじゃん」
「一代で築いた金で何代も飯くわれたら、社会の成長力なくなるよ」
「何代も続かなくても当代がたくさん働いてたくさん金を得られる制度の方がいい。」

などと、違和感をとなえる声が多く上がっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中