5歳児をポリ袋に入れた母親の虐待 芦田愛菜ドラマ「Mother」そっくり

印刷

   高級住宅地として知られる東京都目黒区碑文谷で、母親が5歳児を虐待した殺人未遂事件は、あのドラマをほうふつとさせるとネット上で話題になっている。

   白いイタリアの高級車が見える3階建てのお洒落な一軒家。そんな幸せそうに見えるところで、悲劇は起きた。

容疑者の母親「しつけのつもりだった」

   報道によると、母親(41)は2012年9月2日昼ごろ、3男(5)の手足をアザができるほどヒモできつく縛り、頭と足の両方向からポリ袋をかぶせた。そして、ポリ袋同士を粘着テープでとめると、そのまま2階の居間に10分以上放置された。外出先から返ってきた夫(45)が、2男(9)から3男の様子がおかしいと言われ、ぐったりした3男を見つけて119番通報した。

   3男は病院に運ばれたが意識不明の重体で、警視庁碑文谷署は、母親を殺人未遂の疑いで逮捕した。調べに対し、片付けをするように言ったが、言うことをきかなかったのでやったといい、「しつけのつもりだった」と供述している。殺意は否認しているという。

   このニュースが流れると、ネット上では、あるテレビドラマにシチュエーションが似ているとの指摘が相次いだ。

   それは、日テレ系で2010年4~6月に放送された「Mother」だ。人気子役の芦田愛菜さん(8)がブレイクするきっかけになったことで知られる。

   ドラマでは、愛菜さん扮する小学1年生が、恋人と同せいを始めた母親から、食事を満足に与えられないといった虐待を受けるようになる。そして、ある夜、叩かれてゴミ袋に入れられ、そのまま家の外に放置されたのを、担任の女性教師に見つけられ…といったストーリーだ。

ポリ袋などによる虐待死は、全体の16%も

   現実の虐待現場では、ドラマのようにポリ袋を使うケースは多いのだろうか。

   厚労省の虐待防止対策室によると、虐待で死亡した事例では、最新の2010年度は、全体で51人いるうち、首を絞められる以外で窒息死したのは8人だった。これは、全体の16%に当たり、過去5年間をみると、ほかが8~10%だったのに比べ、やや高くなっている。

   高級住宅地でも虐待は多いのかについては、「いろいろな要因があり、経済的な理由で必ずしも虐待が起きるわけではありません」とのことだった。虐待死の事例をみると、賃貸住宅でのケースが全体の半分ほどを占める一方、一戸建て住宅では2割ほどあった。また、高級住宅地ではどんな虐待が多いのかについては、「データがないので、傾向は言えません」としている。

   報道では、容疑者宅では、11年ごろから男の子が「ごめんなさい、入れて!」などと泣き叫ぶ声を聞くようになったとの近所の人の証言がある。これに対し、目黒区や品川児童相談所では、過去に虐待の通報があったり相談があったりしたかについて、「そうしたことは、これまで受けたことがありません」と言っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中