日本の競争力、12年は10位 財政悪化と電力不安大きく

印刷

   2012年の日本の競争力は、総合順位で前年からひとつダウンして10位となった。世界経済フォーラムが世界144か国・地域を対象とした「2012年版世界競争力報告」を、9月5日に発表した。2年連続で順位を下げた。

   財政悪化に加えて、原子力発電所の停止状態が長期化して電力供給が不安定になったことが響いた。日本の電力供給体制への評価は前年の17位から36位に急低下。また、日本の政府債務残高の国内総生産(GDP)比は、前年に続き最下位だった。

   首位は前年と同じくスイス。米国は前年5位から7位に下がった。アジア勢ではシンガポールが前年と同じ2位、香港が日本を抜いて9位に入った。

   世界経済フォーラムは政官財が集まるダボス会議の主催団体で、競争力報告は1979年から発表している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中