落合博満「顔面まひ」で闘病中 それでも講演で全国飛び回る

印刷

   第3回ワールド・ベースボール・クラシックス(WBC)の日本代表監督候補にも名前が挙がっている落合博満前中日監督が顔面まひで闘病中だ。現在もまひが残っているというもののこれまで通り講演を数多くこなしている。

   2012年9月7日発売の「フライデー」(講談社)が群馬県伊勢崎市で行われた落合氏の講演の様子を伝えている。

当初は脳梗塞を疑われていた

   落合氏が講演で話したところでは、8月16日、朝起きたら自分の顔が変わっているのに気付いた。前日に食べ物を食べても味がしない、という前兆があったという。

   調度お盆の時期だったので、開いている病院を探すのではなく自分で救急車を呼んだ。病院でMRIやCTの検査を受け、「顔面神経まひ」と診断された。記事には写真も付いていて、確かに顔の左側の様子が以前と違うように見える。

   講演は90分にも及び、終盤には「この顔、結構気に入ってるんですよ。見慣れると可愛いんです。50年間も同じような顔を見てきたんですが、この何週間かは別の顔を見ているわけで……」と語ったという。

   落合氏の顔面まひを最初に報じたのが8月26日発売の「週刊ポスト」(小学館)だ。記事によると、落合氏は和歌山県太地町にある「落合博満野球記念館」滞在中に救急車で運ばれ、当初は脳梗塞を疑われていたという。

講演会で素振りも見せる

   しかし、伊勢崎市での講演では「脳梗塞なんて関係ないですよ」と否定。さらに、7日放送の情報番組「ひるおび!」(TBS)でも6日に東京・渋谷公会堂で行われた講演会の模様が紹介された。

   落合氏はこの日の講演でも手術や入院をしておらず、顔面まひ以外は問題ないことを強調。また、ファンに素振りを要望されて気軽に応じ、夕刊紙によると「見ての通り顔(の左半分)が曲がっていますが、体は元気です」と話していたという。

   顔面まひは、ウイルスが原因のことが多く、ストレスや病気などで抵抗力が落ちているときに罹りやすいとされる。芸能界では俳優の船越英一郎さん、松居一代さんが経験しており、2人とも数週間ほどで治っている。番組では医療ジャーナリストの森田豊氏が「講演会で話ができているということは、まひの程度も重くないと思われる」と話していた。

   気になるのはWBC監督の行方だ。報道によると、落合氏は6日、監督就任の打診について「全くありませんし、絶対にやりません。永遠にやりません」と発言。「最終的には山本浩二さん(元広島監督)で落ち着くんじゃないか」と推測していたということだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中