ブログに「教え子と学校内で性的行為」 名門私立高男性教諭が懲戒免職

印刷

   愛知県江南市の名門私立高校の40代男性教諭が、教え子との性的関係をブログに書いていたことが発覚し、2012年9月6日に懲戒免職処分となった。ブログは、教諭と教え子との「交換日記」のような形で書かれていた。

   今回の騒動は、掲示板「2ちゃんねる」に2012年9月3日に立ったスレがきっかけで、「俺の担任(妻子もち)が生徒と浮気してたwwwwww」というタイトルが付けられていた。

ブログに女生徒とのツーショット写真も掲載

   問題のブログには教諭と女性が実名で登場し、2人が抱き合っているツーショット写真も掲載されている。男性教諭が女性に宛てたものには、

「はやく服を脱がせてあんなことやこんなことをしたいと妄想する」
「あそこでするチューは好きだったな。仕事場に彼女がいるっていうのはしあわせなことでした」

などと書かれ、ラブホテルや公園、学校内で性行為に及んだと取れる内容もある。

   もともとこのブログは非公開だったが、何者かがパスワードを探り当て、ネット上にばら撒いた。「2ちゃん」で話題になると、教諭は「2ちゃん」に該当記事の削除を依頼し、それが「事実が書かれているようだ」などと火に油を注ぐことになった。

2年前に別れさせたが交際は続いていた

   高校に話を聞くと、問題のブログは教諭が独自に立ち上げ書いていたもの。ネットで騒動になった翌日の4日に教諭から退職願が出されたが、教育者として、大人として決してやってはいけない行為だと判断し、9月6日付けで懲戒免職にしたという。ただし、教諭と女性に聞き取り調査をしたところ、ブログに書いてあることは事実ではないと二人共に否定しているそうだ。

   実は、この二人の交際が発覚したのは女性が在校していた2年前。教師と教え子の関係はよろしくないとし、女性の保護者を交えた話し合いが持たれ、2人の繋がりは切れたと関係者は認識していたという。しかし交際は続いていて、懲戒免職という重い処分が下されたのは教諭が2年前の約束を守っていなかったことも関係しているようだ。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中