セレッソ大阪のエンブレムに酷似 「アイドリング!!!」のグッズ販売中止、回収

印刷

   アイドルグループ「アイドリング!!!」のグッズが、販売中止・回収の憂き目にあった。

   サッカークラブ「セレッソ大阪」のエンブレムに酷似したデザインが使用されていたのが原因だ。

「デザイン制作上の確認ミスによるもの」

   2012年9月10日、セレッソ大阪の公式サイトに「弊クラブ商標類似商品への対応について」というニュースが掲載された。

   それによると、9月7日から販売されていたアイドリング!!!の公式グッズ「アイドリング!!!ナンバリングマフラータオル」にセレッソ大阪のエンブレムに酷似したデザインが使われており、製造販売元のデコレーションズ、版権元のフジテレビジョンとの話し合いで直ちに販売中止、販売済みの商品は回収・返金対応を行うこととなったという。

   また、アイドリング!!!の公式オンラインショップでは、原因について「デザイン制作上の確認ミスによるもの」として、関係各位に謝罪している。商品は9月8日から販売中止。すでにオンラインショップで申し込んだ人にはクレジット課金取り消しや注文取り消し処理、コンサート会場で購入した人には問い合わせ窓口まで連絡することを呼びかけ、返金対応するとしている。

「セレッソのエンブレムとは知らず参考にした」

   セレッソ大阪のエンブレムは、左側に桜と水都・大阪の川をイメージしたストライプ、右にチームキャラクターのオオカミが描かれている。中央には「王者として君臨する自信」を表した王冠、周囲には「堅固な守り」を現したいばらがデザインされている。

   そしてインターネット上にアップされているアイドリング!!!のタオルの画像を見ると、中央に王冠、周囲にいばらのようなモチーフ、左側に花とストライプ、右にオオカミのようなキャラクターが描かれた、セレッソ大阪のエンブレムによく似たイラストが確かに使用されている。

   なぜ、ここまでそっくりなデザインになってしまったのだろうか。タオルを製造したデコレーションズは、「エンブレムをデザインする際、セレッソ大阪の物とは知らずにセレッソ大阪のエンブレムを参考にした」という。セレッソ大阪からデザインが似ていることを指摘されて事態を認識した。現在はすでに販売した分の回収方法について協議している最中とのことだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中