富士フイルム、映画フィルム製造終了へ 「時代の流れとはいえ…」と惜しむ声

印刷

   富士フイルムが映画用フィルムの製造を終了することが明らかになった。

   これで国内で映画フィルムを製造するメーカーは消滅したことになる。老舗フィルムメーカーも、デジタル化の波には逆らえなかった。

映画事業から撤退するのではない

   映画のデジタル化が進んでフィルムの需要が著しく減少したため、映画上映用・撮影用のカラーポジ・ネガ、白黒ポジ・ネガフィルム、デュープ用フィルムなどの製造を中止する。ただ、映画事業から撤退するのではなく、デジタルデータのアーカイブ用フィルム「ETERNA-RDS」、デジタル映像撮影現場向け色管理システム「IS-100」などの製造は継続する。

岩井俊二監督も残念がる

   富士フイルムによると、現在顧客と個別に最終注文などについて話を進めているところだという。今注文を取っている分と、現在ある在庫がなくなり次第販売終了とのことで、13年春ごろを予定しているそうだ。「ETERNA-RDS」、「IS-100」の製造は継続、デジタル化に対応した製品は残して映画業界に貢献していくと強調した。

   国内で映画用フィルムを製造しているのは富士フイルムの1社だけで、来春には国産映画用フィルムは消滅することになる。また、富士フイルムの映画用フィルム製造には80年近くの歴史があり、デジタルが主流となっているとはいえファンには少し寂しく感じるようだ。

   ツイッターでは、「これでまたひとつ技術が失われるのかなあ…悲しいなあ…」「デジタル化の流れは止められないとはいえ、フィルムの深みのある絵が無くなるのは残念ですね」など、製造終了を惜しむ声が上がっている。「スワロウテイル」などで知られる映画監督の岩井俊二さんも、「時代の流れとはいえ・・・・。今のデジタルメディアの落ち着きのなさを考えると、永久保存用にはむしろフィルムがいいように思えて来た今日この頃」とツイートしている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中