小林麻耶が「TBSでのいじめ体験」を撤回 「いじめとは思っていない」でバッシングに発展

印刷

   フリーアナウンサーの小林麻耶さん(33)がTBSの局アナだった時代に、同僚や上司から「無視」されるなどのいじめに遭っていたとブログで告白したところ、TBSに対し「陰湿な局だ」「いじめ報道する資格なし!」といったバッシングが起こった。

   すると小林さんはブログで発言を「いじめとは全く思っていない」と翻したため、小林さんに対し「こんなにいい加減だからいじめられるんだ!」と逆に批判に晒されることになった。

嫌なことを言われるたびに泣いて退職も考えた

   小林さんはオフィシャルブログ「まや☆日記」の2012年9月5日付けで、幼稚園に通う子供を持つ母親からいじめに関する相談を受けた。子供が無視されて悩んでいるのだという。小林さんは、ブログにこれまで、会社の上司やお母様仲間、バイト先でいじめられているというコメント寄せられているとしたうえで

「素直に書いてしまう方がここではいいと思ったのでそのまま書きました。私も会社に入ってからありましたよ!」

と回答した。会社員になってまで小学生のような仕打ちを受けることは想像していなかったため、ショックが大きかったという。

   また、上司から嫌なことを言われ続けた、とも。小林さんは

「最初は言われるたびに泣いてばかりいました。アナウンサーは向かないから、本気で職業を変えようと思ったこともありました」

と打ち明けた。そしていじめから逃れる術として、同僚の無視や、上司からの嫌な言葉が出ないように、自分を変えてみることや、時には逃げることも大切だと説明。自分を守って大切にしてくださいと締めくくった。

   このブログのコメント欄には

   「ブログを呼んで気が楽になりました」「よく書いたな。あんたは偉い。応援してるぜ」といった感謝の言葉が並んだ。小林さんは翌日の6日付けのブログで、たくさんの応援コメントを戴いた、嬉しかったなどと感謝の言葉を綴ったのだが、10日付けのブログで突然、

「私自身は『いじめ』だと全く思っていなくて、さらには暴露のつもりも全くありませんでした」

と報告した。

手のひらを返すような態度がいじめを誘発した?

   ネットでは小林さんはTBS局内でいじめの対象になって辞めさせられたのではないか、などといった憶測が出て、TBSに対するバッシングも起こっていた。また、複数のメディアは、TBSはいじめ体質が昔からあるようだ、などと書きたてた。どうやら小林さんが自身のブログの内容を否定したのは、こうした背景があるようだ。

   一方ネットでは、小林さんの豹変に戸惑う人が多く出ていて、

「多分こういうところがいじめの原因なんたんだろうなあ・・・」
「ブログで勇気もらった人たちが傷ついていなければいいが」
「いじめられて、今度は圧力がかかった、といいたいのではないか」

などといった書き込みがネットの掲示板やブログに出ていて、TBSに対するバッシングから、今度は小林さんに対する風当たりが強くなっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中