尖閣の魚が「ブランド」に さっそく片山さつき議員も取り寄せる

印刷

   尖閣諸島の「地元」ともいえる沖縄県石垣市の八重山漁協の市場に、「尖閣」ブランドの魚が登場した。「尖閣」の商標を持つ企業の関係者が尖閣諸島周辺で漁を行って競りに出し、同社が相場よりも高い値段で落札。築地市場などに出荷を始めた。尖閣諸島での漁は燃料費がかさむため、採算が取れないことが多い。高値で落札して出荷することで尖閣諸島周辺の漁を盛り上げ、実効支配を強化する狙いがある。

相場の2.5倍で落札される


   八重山毎日新聞や八重山日報などの地元紙によると、元々は「尖閣」の商標は、山梨県在住の個人が持っていた。2012年4月に「尖閣諸島を守る会」代表世話人で石垣市議会議員の仲間均氏らが「株式会社尖閣」を設立。商標も同社に移された。仲間氏は、12年1月と7月に尖閣諸島に上陸しており、同社の監査役を務めている。

   仲間氏のブログなどによると、「株式会社尖閣」関係者の漁船は2012年9月7日正午に石垣市を出港。同日から翌9月8日にかけて尖閣諸島の魚釣島周辺や南小島周辺海域でアカマチ(ハマダイ)や、ミーバイ(ハタ)約40キロを釣って石垣市に帰港した。

   9月10日には競りにかけられ、アカマチの相場がキロあたり1000円なのに対して、「株式会社尖閣」は2500円で落札。高値を維持することで、尖閣諸島周辺での漁を活発化させる狙いがある。

   落札されたアカマイは、「一口食べて尖閣を守ろう!」というキャッチフレーズが記された、尖閣諸島のイラスト入りの商標シール付きで東京・築地市場などに出荷された。

   仲間議員はブログで、

「今後、『尖閣』ブランドを広く流通させると同時に、日本固有の領土であり、石垣市の行政区域である尖閣諸島の実効支配の強化につなげていきたい」

と出荷の狙いをつづっており、継続的に「尖閣ブランド」を出荷していきたい考えだ。

「尖閣の海は手付かずで綺麗だから魚も美味しいでしょうね」

   この「尖閣ブランド」の魚は、実際に出荷先の東京でも引き合いがあるようだ。例えば自民党の片山さつき参院議員は、早速この「尖閣ブランド」の魚を取り寄せたらしく、9月12日には

「遅くなりました!尖閣ブランドの魚です!」

と題して、ブログに魚の写真を掲載。コメント欄には、

「尖閣の海は手付かずで綺麗だから魚も美味しいでしょうね」
「尖閣諸島きれいな海・ 島・魚を守って♪」

といった声が寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中