政府エネ調会長、原発ゼロ方針「泥縄すぎ」

印刷

   政府の総合資源エネルギー調査会で、原子力発電の比率などを検討してきた三村明夫会長(新日本製鉄会長)は2012年9月13日、記者団に対して、政府・与党が2030年には原発稼働ゼロを目指す方針について「あまりにも泥縄すぎた」と場当たり的な対応を批判した。

   また、経団連の米倉弘昌会長も同日、野田佳彦首相との電話会談の中で、方針について「承服しかねる」と伝えたことを明らかにした。米倉氏は野田首相に対して、電気料金が高騰する懸念を伝えたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中