フィギュアGP「中国杯」に日本不参加か 真央、美姫のソチ五輪にも影響の可能性

印刷

   中国で拡大が続く反日デモの影響が、スポーツにも波及しつつある。中国側からはバドミントンのチームの派遣が取りやめになる一方、卓球やトライアスロンでは日本側からの参加を見送るケースも出始めた。スケートについても、このままの状況では選手派遣が難しくなるとの声が出始めている。

   仮に中国で行われる大会に出場できなかった場合、2014年のソチ五輪と同じ会場で行われる大会への出場も難しくなり、五輪の準備にも響きかねない状況に発展している。

中国杯不参加でソチのGP決勝進出が絶望的に

   スポーツ各紙によると、日本オリンピック委員会(JOC)理事で、日本スケート連盟会長の橋本聖子参院議員は2012年9月18日に行われたJOC理事会の席で、反日デモに関する情報収集を強化するように訴えた。その上で、

「この状況だと選手は送り込めない」

と、選手の安全が確保されない限りは、選手の派遣は難しいとの見方を示した。橋本氏は、9月19日にも福岡市内で同様の発言をしている。

   中国では、12年11月に上海でフィギュアスケートのグランプリシリーズ「中国杯」が行われるほか、12月には上海でショートトラックのワールドカップ、ハルビンでスピードスケートのワールドカップが予定されている。

   これらの大会の中で、最も影響が大きそうなのが、フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ「中国杯」。中国杯には女子は浅田真央、安藤美姫の両選手や男子は高橋大輔選手らが出場を予定している。

   GPシリーズは今回の上海の大会を含めて6大会行われ、通常、有力選手は2大会出場する。獲得したポイントの上位6選手が12年12月に行われるGP決勝に出場できる仕組みだ。GP決勝が行われるのはソチ五輪の会場で、選手にとっては重要な「前哨戦」としての意味も出てくる。だが、仮に中国杯に出場できなくなった場合は、五輪に向けた練習の機会が失われることになる。

   出場の可否については、9月23日に行われるスケート連盟の理事会で判断したい考えだ。

卓球・石川選手も「安全を確保するのが困難な状況」で断念

   中国と関わりが深い卓球にも影響が出た。中国の黄石で9月21日に開幕する女子ワールドカップ(W杯)にエントリーしていた石川佳純が出場を取りやめることになったのだ。日本卓球協会が9月19日に発表した。石川選手は中国合宿中で、反日デモ発生後も出場の意向を変えていなかった。だが、協会の発表によると、同日午前になって、中国卓球協会から、

「安全を確保するのが困難な状況にあるので、石川選手の出場について再考してほしい」

と連絡があり、日本側も大会参加断念を決めたという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中