「小切手野球」でぶっちぎり優勝の巨人 「勝って当たり前」と周囲の目は冷ややか

印刷

   2012年のプロ野球セ・リーグは巨人が3年ぶり34度目の優勝を飾った。勝率6割8分1厘、貯金43、2位中日に11ゲーム差のぶっちぎりゴール。勝因は大金で選手をかき集めた「小切手野球」。盛り上がらない理由だ。

総額7億6500万円の新加入主力選手がおおむね活躍

   優勝コメントを用意していたのだろう。いつになく原辰徳監督は感動的な言葉を羅列した。「選手は冷静に、高ぶらず、平常心で戦ってくれた」と。

   7月1日に首位に立つと、以後は首位の座を一度も明け渡すことはなかった。「スタートでつまずき苦しみを味わった」と、原監督は楽勝ではなかったことを強調したものの、だれもそうは見ていない。「断トツ優勝」とメディアは一斉に評した。

   周囲の声は白けている。「あの戦力だもの、勝って当たり前だろ」「あれで負けたら原はクビだよ」etc…。

   そう、あの戦力は他チームではそろえられない。とりわけ投手陣。杉内俊哉、デニス・ホールトンの加入が大きかった。ともにソフトバンクから獲得した。昨年、杉内は8勝、ホールトンは19勝(最多勝)。二人とも予想通り2桁勝利を挙げた。杉内はノーヒットノーランも達成している。

   打者では昨年20本塁打の村田修一をDeNAから獲得した。好不調の波はあったものの、一時は4番を打ち、三塁の座を守り切った。

   巨人はどのくらい資金を使ったのか。3選手とも高給取りである。今季の年俸は杉内が3億5000万円、ホールトンは1億9500万円、村田は2億2000万円。しめて7億6500万円-。優勝を小切手で買った、といわれるゆえんだ。

   巨人は勝つために大金をつぎ込む。これまでその繰り返しで、他チームの大物選手を取っては優勝を手に入れている。今もそのやり方は変わっていない。親会社、関連会社がマスメディアということもあって、負けるイメージを恐れる意識は他球団と比較にならないほど強い。補強のすごさは素晴らしい企業努力なのだが、それが度を超すと今シーズンのようにバランスを崩してしまう。

あまりの独走は球界全体を「白け」させる危険をはらむ

   「小切手野球」とは大リーグで言い始めた表現だ。その代表的な球団がヤンキース。ペナント奪回のためFA制度を利用、大金を積んで大物選手を集めてチャンピオンに返り咲いた。そのやり方を「いずれ球界はダメになる」と見てドジャースなどの優良経営者が球団を手放した。

   その予言通り、大型契約を勝ち取るため選手会はストライキを打ち、スター選手が育ったチームから平気で出て行った。球界全体に白けたムードが漂った。そしてエクスポズが破綻、カナダから消えた。

   つまり地元のスター選手が日替わりならぬ「年替わり」になってしまうため、ファンとの間に溝ができてしまうのだ。大リーグのチーム名は「都市+ニックネーム」で、日本のように「企業名+ニックネーム」ではない。本拠地とファンの結びつきは強いのだが、小切手野球によってそれが阻害された。現在はその反省によって運営されている。

   巨人の独走は怖い要素を含んでいる。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中