孫社長の「やりましょう」で始まった iPhone下取りに「法律違反」の落とし穴

印刷

   ソフトバンクが旧型のiPhone下取り方法を警視庁の指導で変更し、ネット上で不安の声も出ている。ソフトバンクは、「警視庁と見解が違っていた。混乱などは聞いていない」としている。

   「やりましょう」。最新スマートフォン「iPhone5」が米アップルから発表され、ソフトバンク孫正義社長のツイッターに、4Sから5に乗り換えしやすいキャンペーンを求める声が寄せられた。それへの反応が、このつぶやきだ。

古物営業法違反の指摘で対応変える

調子はよかった
調子はよかった

   同じ2012年9月14日に、旧型iPhoneの下取りプログラムがアナウンスされた。ツイートは、このことを指していたらしい。

   さらに、下取り価格が安いとの声が出ると、孫社長は17日、価格アップについても「やりましょう」と答えた。そして、19日には、会見などで新しいバージョンが明らかにされ、iPhone5発売日の21日から開始された。2000円~2万円で下取りし、価格の分を利用料から毎月1000円ずつ割り引くというものだ。

   ところが、警視庁から古物営業法違反(無許可営業)に当たる恐れがあると指導を受けたことが、25日に一部報道で発覚した。機種ごとに価格が分かれ、破損の場合には引き取らないとしたことが法に触れるという。これに対し、ソフトバンク側はこの日、古物営業の許可を得ているソフトバンクテレコムを通じて対応すると明らかにした。

   その説明によると、販売店でiPhone5の購入客に封筒を渡し、客が旧型を封筒に入れて着払いで郵送すればよい。

   とはいえ、ネット上では、「コンプライアンス意識が希薄すぎる」「孫がつぶやいたら止めるヤツいないの?」として、コロコロと変わる下取り方法に不信感を持ったという声が出ている。

ソフマップはより高い下取り額提示

   そして、ソフトバンクの下取り方法でiPhone5を購入するのが得とは限らない、との指摘も出た。

   例えば、量販店のソフマップでは、旧型iPhoneを最大3万6000円で下取りする期間限定キャンペーンをしているからだ。しかも、月々の割り引きではなく、現金一括払いで下取りしてもらえる。また、その場で下取りの可否が出るため、分かりやすいようだ。

   iPhone5を扱うKDDIのauブランドには、旧型の下取りサービスはないが、利用料や機能面でソフトバンクより部分的にメリットがあるという声も出ている。

   ソフトバンクの広報室では、古物営業法を知らなかったことは否定し、「最初は問題ない方法だと思っていましたが、結果的に警察と見解が違いました」と説明する。過去に下取りした旧型iPhoneの扱いについては、「警察と相談して対応を決めます」と言う。下取り方法変更による混乱などは聞いていないとした。

   ソフマップの下取りやauブランドと比較されることについては、「どちらがよいかは、お客さまが選ばれることだと思います」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中